山田 健太(日本生命)|ドラフト・レポート

山田 健太(日本生命)

ここでは、「山田 健太(日本生命)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm87kg 右右 一塁・二塁・三塁 遠投100m 50m6秒4 大阪桐蔭→立教大 1年目
六大学通算9発、長打力のある右の強打者。東大戦でバックスクリーン弾。大学代表の主将を務めた。
最終更新日:2023-04-25 (Tue)|2024年社会人野手 東京六大学 コメント(10)

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19春: 11 .375  32 12 1 0 2 7 7 7 0  .487  .594(4位)
   19秋: 13 .333  45 15 3 1 0 4 12 10 0  .455  .444(5位)
   20春: 5 .250  16  4 0 0 1 1 8 6 0  .455  .438
   20秋: 10 .237  38  9 0 0 2 4 9 4 0  .310  .395
   21春: 10 .316  38 12 0 0 1 5 11 5 0  .395  .395
   21秋: 10 .270  37 10 1 0 1 5 6 4 0  .341  .378
   22春: 12 .310  42 13 2 1 0 4 6 12 2  .463  .405
   22秋: 12 .227  44 10 3 0 2 8 7 7 0  .333  .432
   通算: 83 .291 292 85 10 2 9 38 66 55 2  .403  .432
    ※ 19秋:ベストナイン(一塁) 20秋ベストナイン(二塁)

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   22ハーレム: 6 .100 10  1 0 0 0 0 5 5 0  .400  .100(2・3・5・6番/一)
   通 算: 6 .100 10  1 0 0 0 0 5 5 0  .400  .100

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春: 5 .571 21 12 2 0 1 8 0 2 0  .609  .810(6・5番/三)
   17夏: 3 .250  8  2 0 0 0 0 1 1 0  .333  .250(6・5番/三)
   18春: 5 .368 19  7 2 0 1 4 1 2 2  .429  .632(6・7番/二)
   18夏: 6 .316 19  6 3 0 0 3 4 2 0  .381  .474(7・6番/二)
   通算: 19 .403 67 27 7 0 2 15 6 7 2  .459  .597

高校時代打撃成績

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16秋公: 8 .241  29  7 1 0 0 4 5 1 1  .267  .276
   17夏予: 8 .300  30  9 1 1 1 13 4 4 3  .382  .500
   17秋公: 13 .262  42 11 4 0 1 14 4 8 0  .380  .429
   18夏予: 6 .524  21 11 5 0 2 12 1 3 0  .583 1.048
   通 算: 35 .311 122 38 11 1 4 43 14 16 4  .391  .516

  最新記事

 ■ 日本生命・山田健太 プロ注目の竹田から完璧先制弾(スポニチ) 23/4/25

 JABA京都大会が開幕し、日本生命は1―2で初戦を落とした。「7番・二塁」で先発した新人の山田健太が一発を含む3安打と躍動した。2回先頭で左翼線二塁打を放つと、4回先頭ではカーブを左中間席に運ぶ先制ソロを決めた。さらに6回2死無走者では左前へ。プロ注目の151キロ右腕・竹田祐を攻略し、「打席では無心を入ろうと考えている。(本塁打は)上手く反応できました」とうなずいた。

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   23年: 3 .400 10  4 1 0 1 2 1 1 1  .455  .800

  【打順内訳】7番3試合
  【守備内訳】二塁手3試合

 ■ ドラフトで指名漏れの立大・山田健太が日本生命受験へ(SANSPO) 22/11/9

 立大のスラッガー、山田健太内野手が日本生命の入社試験を受けることが8日、わかった。希少な右投げ右打ちの内野手として注目され、大学日本代表仲間の早大・蛭間拓哉外野手が「山田はジャニーズ系」という甘いマスクも話題になったが、ドラフト会議では指名がなく、勧誘のあった社会人8社から日本生命に絞り、12月中旬の入社試験の受験を決めた。ドラフトに関して「これが現実」と受け入れ、もう一度二塁手で主軸として貢献し、2年後にプロへの道を切り開いていく選択をした。

    1号:磯村 峻平(明治大)  19/ 4/21  左翼線2ラン
    2号:三浦 銀二(法政大)  19/ 5/ 5  左越え2ラン
    3号:松田 悠希(東京大)  20/ 8/14  中越えソロ弾
    4号:宮内 大河(明治大)  20/ 9/26  左越えソロ弾
    5号:徳山 壮磨(早 大)  20/10/25  左越えソロ弾
    6号:加藤孝太郎(早 大)  21/ 4/24  左越え2ラン
    7号:徳山 壮磨(早 大)  21/ 9/20  左越えソロ弾
    8号:野尻 幸輝(法政大)  22/10/ 4  左越えソロ弾
    9号:鈴木  健(東京大)  22/10/ 9  左中間2ラン

  【打順内訳】3番13試合、4番55試合、5番9試合、6番3試合
  【守備内訳】二塁手56試合、一塁手24試合

 ■ 日本ハム・稲葉GM「完璧なホームランで飛距離も出ていた」(SANSPO) 22/10/9

 立大が東大に先勝した。今秋のドラフト上位候補に挙がる山田健太内野手が一回、2死一塁から左中間へ左越えの先制2ランを放ち、勝利に貢献した。2試合連続の一発。溝口智成監督は「打席のタイミング、雰囲気が非常にいい上向き。いい状態になってきていると思います」と目を細めた。ネット裏では日本ハム・稲葉篤紀GMが視察。「完璧なホームランで飛距離も出ていた力がある遠くに飛ばすことはなかなか練習してできるわけではない。持っているものだと思う。そういうものをこのタイミングで見せてもらえました。自分の見た感じをしっかりと(チームに)共有する」と話した。

過去記事

 ■ 立大・山田 1年ぶり弾で初勝ち点 中日・立浪監督視察(スポニチ) 22/10/5

 快音を響かせたのは8―4の8回2死。5球目の甘く入った直球を捉えダメ押しソロを左越えに運ぶ。2回に中堅フェンス直撃の適時二塁打。7回先頭でも右翼線二塁打を放っており3安打2打点だ。「状態も上向いてきた。自信にしてやっていきたい」と声を弾ませる。この日は中日・立浪監督も視察に訪れ「注目されている山田君を見られて良かった。良いものを持っている」と評価した。

 ■ 大学日本代表選考 日体大・矢沢宏太が打でアピール(スポニチ) 22/6/18

 大学代表選手選考合宿が18日、平塚市で行われた。プロ注目の早大・蛭間拓哉外野手や、今合宿で主将を務める立大の山田健太内野手ら49人の選手が代表入りを懸けて3日間の合宿を行う。
 オリックス・牧田勝吾編成部副部長「立大の山田選手、早大の蛭間選手はインパクトが強く「さすがだな!」と思いましたね

 ■ 立大・山田健太 キャリアハイ誓う 中日・根尾らから刺激(デイリー) 22/1/13

 今秋ドラフト候補で、リーグ現役トップの通算62安打を誇る山田健太内野手は「大学生活のキャリアハイが1年生。そこは絶対クリアしたい」と躍動を誓った。年末には母校の大阪桐蔭を訪問。3年時に、ともに甲子園春夏連覇を達成した中日・根尾やロッテ・藤原らとも会い、「来年一緒の舞台でやろうと話した。より一層頑張ろうとなった」と刺激を受けた。

 ■ 大阪桐蔭・根尾、今年公式戦初本塁打…春季府大会3回戦(スポーツ報知) 18/4/28

 山田健太内野手は3回に根尾と2者連続本塁打をマークすると、5回にはこの試合2本目となる満塁弾を左翼に放った。今春は7本目と量産態勢に入っており、通算は19号となった。

 ■ 大阪桐蔭・山田、勝負強い打撃持ち味スカウト熱視線(日刊スポーツ) 7/12/31

 大阪桐蔭・山田健太内野手(2年)は、強豪の中で1年時から4番に座った経験もある勝負強い打撃が持ち味だ。優勝した17年春センバツの初戦では、左翼へ弾丸ライナーをたたきこみスカウトの視線をくぎ付けにした。それでも6月中旬に左手首を痛めて調子を崩し「今年1年としては納得は出来ない年でした」。この冬は悔しさを糧に、守備位置を三塁から二塁に変え、春の活躍につなげる。

 ■ 大阪桐蔭 底力の逆転劇!山田が満塁弾(デイリースポーツ) 17/7/31

 センバツ覇者の大阪桐蔭は逆転勝ちで4強へ進出した。2度のビハインドをはね返した。初回に4点を先制されたが、二回に同点に追い付いた。六回に再び3点をリードされたが、直後に猛攻を仕掛けた。1点差に迫った無死満塁で、山田健太内野手(2年)が左翼席へ今大会初アーチとなる逆転満塁本塁打。「リードされても焦らずに、みんなで1点ずつ返していこうと思っていた。あの打席は絶対打つという気持ちだった」。チームメートの思いを代弁しながら、劇的な一発を振り返った。

 ■ 大阪桐蔭が東海大相模に連勝 主軸の山田が復帰戦で適時打(デイリースポーツ) 17/7/3

 今春センバツを制した大阪桐蔭が、神奈川大会の優勝候補・東海大相模とのダブルヘッダーで2連勝した。1試合目は4-2で逆転勝ち。0-2の八回に、山田健太内野手(2年)の同点の2点適時打と、相手のミスで一気に4点を奪った。山田は6月中旬に左手首を痛めて、別メニュー調整となった。「6番・三塁」で先発したこの試合が、対外試合復帰だった。今春センバツでは大会の個人大会通算最多安打にあと1に迫る12安打を放ち、センバツ以降は左手首を負傷するまで4番を任されていた。

 ■ 輝き放ったミレニアム世代 藤原・根尾・山田(デイリースポーツ) 17/4/5

 ミレニアム世代の中でも優勝した大阪桐蔭は逸材ぞろいだ。同校の“ビッグ3”が残したインパクトは強烈だった。山田も2人(藤原・根尾)に負けない素質を披露した。5試合で通算12安打。大会記録の13本には届かなかったが、2年生では最多タイだった。印象的だったのが1回戦・宇部鴻城戦での左翼席への本塁打。ソフトバンク・小川編成部長は「2年生で詰まって本塁打を打てるのはすごい」と驚きを隠さなかった。

 ■ 大阪桐蔭・山田、千金V打 右翼前にポトリ(デイリースポーツ) 17/3/31

 大阪桐蔭は山田健太内野手の2打点の活躍で秀岳館に競り勝ち、5年ぶりの決勝進出。決勝は史上初めて大阪勢同士の対戦となった。両チーム無得点の六回2死三塁。外角のスライダーに食らいついた山田の打球が右翼に上がる。前進し懸命のダイブを試みた相手右翼手のグラブの先に白球が落ちた。値千金の先制適時打。「逆方向に粘って粘っていこうと。狙い通り」と胸を張った。2ランを放った初戦の宇部鴻城戦から全試合で安打と打点をマーク。ポテンヒットも多く、藤原ら同級生との朝の散歩中も「ラッキーボーイやな」と、話題になっていた

 ■ 大阪桐蔭11点発進 スーパー2年生・山田鮮烈弾(デイリースポーツ) 17/3/26

 1回戦では2年生5人が先発した大阪桐蔭が、宇部鴻城を圧倒した。山田健太内野手が四回にダメ押し2ランなど3打点の大活躍。鮮烈な甲子園デビューだった。四回2死二塁。内角直球を捉えて、左翼席へ弾丸ライナーを突き刺した。「すごく気持ちよかった」。公式戦初本塁打はダメ押し2ラン。元4番の意地だった。昨年8月から4番を任されたが、「プレッシャーを感じた」。重圧から打撃不振に陥り、近畿大会では先発落ちも経験した。その間、中学時代にボーイズリーグ世界大会でクリーンアップを組んだ根尾ら同級生が活躍。「うらやましいという気持ちしかなかった」。冬は打撃を改良。今大会は背番号13ながら、練習試合解禁後に4本塁打を放った勢いを維持して、聖地でも躍動した。
 「長距離打者として、楽しみな選手」とは西谷監督の山田評だ。「飛距離には自信があります」と山田。今は秋の大会で崩れた打撃フォームの修正と下半身強化に明け暮れる。(asahi.com)

  プロフィール

 愛知県稲沢市出身。
 山田 健太(やまだ・けんた)二塁手。
 千代田小2年時に軟式野球を始め、千代田中では東海ボーイズに所属。
 中3夏に中日本選抜で世界大会Vを経験した。

 大阪桐蔭では1年生の秋から背番号5でベンチ入り。
 長打力を評価されて正三塁手の座を掴み取り、エース・徳山らを擁して近畿4強進出を果たす。
 4番を任されながら打率.241と振わず、近畿大会準々決以降の2試合を欠場。
 翌2年春の選抜に6・5番・サードとして挑み、打率.571、本1点8の好成績で5年ぶりVを飾った。
 打ち損じた打球までヒットになる好調ぶりで計12安打(5戦連続マルチ)を量産。
 大勝を収めた1回戦・宇部鴻城戦で内寄り高め直球をレフトにたたき込む2ランを放っている。
 同試合2回裏の第2打席で外高め直球を中前にはじき返すタイムリーをマーク。
 内角高め128㌔直球を左前打にするなど、静高・池谷と対戦した2回戦で4安打を記録した。
 2年時夏の甲子園をベスト16で終え、同秋の新チームからセカンド守備に挑戦。
 翌3年春の選抜に6・7番・セカンドとして出場し、打率.368、本1点8の活躍でV2をなしとげた。
 準々決・花巻東戦で変則左腕の外角チェンジアップを右中間に落とす適時打。
 延長12回を制した準決・三重戦で左翼席へのソロ弾(定本の外高め直球)をマークしている。
 続く3年時夏の甲子園で7番を打ち打率.3160発3打点で春夏2連覇に貢献。
 4回につまった左安(内高直球)、6回に左適二(高直球)と、山田相手の3回戦で2安打を放った。
 同学年のチームメイトとして根尾昂藤原恭大横川凱ら。

 立教大学では1年生の春から一塁手でレギュラー。
 主に4番で全12試合中8試合のスタメンを担い、打率.375(4位)、本2点7で十傑入りを果たす。
 以降、4番(他に3・5番)として打線を支え、1・2年時秋の2度ベスト9賞を獲得。
 2年生の春から二塁手へとポジションを変更し、4年生の春から主将としてもチームを牽引した。
 1年時春の明治大2回戦でレフト線への1号2ラン(内低め141㌔直球)を記録。
 2年時春の東京大1回戦でバックスクリーンへの豪快な一発(外甘めフォーク)を披露している。
 チームとしては3年生の春のAクラス2位が最高成績で全国大会の経験は無し。
 8季で80試合(4番553番13)に先発し、通算85安打、打率.291、本9点38の実績を残した。
 国際大会には4年時7月のハーレム大会(4位)に日本代表の主将として出場。
 腰痛明けで全8戦中5試合の一塁先発を担い、10打数で1安打、打率1割、本0点0を記録した。
 通算83試合、打率.291、85安打、9本塁打、38打点。

 183cm87kg、恵まれた体格の強打の二塁手。
 振り切るスイングで強い打球を放つ右の強打者。勝負強く長打力ある打撃でチームに貢献する。
 大1春から4番・一塁手として活躍、大2春からセカンド、大4春から主将を担った。
 大学2年春の東大戦で神宮球場(中堅120メートル)バックスクリーンへのソロ弾を放っている。
 高校通算21発、リーグ通算9発。高2の6月に左手首痛、大4夏に腰痛を患った。
 高校時代は三塁も経験、西谷監督から長距離砲として期待されていた。飛距離に自信を持つ。
 50m6秒4、一塁到達タイム4.6秒前後。遠投100m。

  スカウトコメント

日本ハム・稲葉篤紀GM|22/10/9
 「完璧なホームランで飛距離も出ていた。力がある。遠くに飛ばすことはなかなか練習してできるわけではない。持っているものだと思う。そういうものをこのタイミングで見せてもらえました。自分の見た感じをしっかりと(チームに)共有する」
中日・立浪監督(スカウト登録)|22/10/4
 「注目されている山田君を見られて良かった。良いものを持っている」
オリックス・牧田勝吾編成部副部長|22/6/19
 「立大の山田選手、早大の蛭間選手はインパクトが強く『さすがだな!』と思いましたね」
巨人・岡崎スカウト部長|18/3/30
 「タレント軍団の大阪桐蔭では、根尾のほかに藤原恭大、中川卓也が高校生ではAランク。山田健太の打撃にも光るものがあった」
巨人・岡崎スカウト部長|18/3/27
 「振りが速いし、力強さが違った。藤原、中川、根尾、山田、みんな良かった」
ヤクルト・小川淳司シニアディレクター|17/8/15
 「春夏連覇を狙う大阪阪桐蔭には、藤原恭大外野手、根尾昂投手、柿木蓮投手、中川拓也内野手、山田健太内野手と5人の注目選手がいる」
ソフトバンク・小川編成部長|17/4/5
 「2年生で詰まって本塁打を打てるのはすごい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2023-04-25 (Tue)|2024年社会人野手 | 東京六大学 コメント(10) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
右打のアヘ単で走力も遅め
好意的に解釈すればユーティリティプレイヤーだが、実際にはセカンドとしては守備範囲が狭いために他に回されることが多い
成績的には1年生のときがピークで、以降は長距離を増やそうとしては伸び悩んでる印象

打撃のセンスは今年の野手で一番だと思うが、噛み合わせの悪さにより上位での指名しづらさは否めない
もう少し長距離を打てるようになると期待が膨らむ
| 匿名 | 2022年10月19日(Wed) 12:36 | URL #- [ 編集]
山田くん、個人的にはベイスターズ時代の内川、または元楽天で首位打者に輝いたリック・ショートが完成形なのかな?と思います。
セカンド、ファースト、サード、外野などを守れるユーティリティープレイヤーな中距離打者。
大学選抜の試合でライトへの流し打ちを見て内川っぽさを感じたり、本職はセカンドなのに大学選抜だとファーストなので、リックみたいに色々なポジションでチームに貢献して行くタイプの選手なのかなと思いました(^_^)
| ぽにぽにぽにー | 2022年09月05日(Mon) 13:20 | URL #- [ 編集]
プロに入ると特徴がなさそうね
中距離打者だろうけどコンタクト率も高くないし足も守備も並以下
| 匿名 | 2022年09月01日(Thu) 01:26 | URL #- [ 編集]
>日本代表「侍ジャパン」が3月5、6日に予定していた台湾代表との強化試合(東京ドーム)が中止となることが15日、分かった。(略)試金石となるはずだった台湾戦では、〝栗山色〟満載の若手メンバーがリストアップされていた。
>今秋のドラフト注目選手で投打二刀流の日体大・矢沢宏太投手と大型二塁手の立大・山田健太内野手(ともに3年)だ。トップチームに大学生が選出されれば、2013年11月に行われた強化試合の大瀬良(九州共立大、現広島)、岡(明大、現ロッテ)以来の〝快挙〟だった。
https://www.sanspo.com/article/20220216-XBXCRNZTDNLJPAXXX7N5D2HHJI/

中止となってしまいましたが日本代表戦の若手選抜メンバーにアマチュアを代表してリストアップされていたとのこと
(他ソースの朝日新聞記事だとほぼ選出が内定していたみたいな書き方でした)
実現していれば今年のドラフト戦線のスタートを彩る大きなニュースにもなっていただけに残念です。
| 無名 | 2022年02月20日(Sun) 02:06 | URL #VWeKF4a. [ 編集]
何で大学1年までの成績しか載ってないのか
| 匿名 | 2021年12月24日(Fri) 21:11 | URL #- [ 編集]
六大学公認のYouTubeチャンネルでは今年の4月の時点ですでに6本塁打を打ってるみたいですね
| 鴎 | 2021年10月11日(Mon) 23:14 | URL #- [ 編集]
大型セカンドは阪神も喉手だなぁ
| 匿名 | 2021年08月30日(Mon) 20:18 | URL #- [ 編集]
将来は根尾と二遊間や!
| 匿名 | 2021年05月11日(Tue) 13:52 | URL #- [ 編集]
この流れは立教大学か!
| イカニ貫 | 2018年09月21日(Fri) 18:16 | URL #- [ 編集]
新チームではセカンドも守るとのこと
| hou | 2017年12月24日(Sun) 15:37 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年社会人野手 | 東京六大学 コメント(10) Page Top↑