東山 玲士(ENEOS)|ドラフト・レポート

東山 玲士(ENEOS)

ここでは、「東山 玲士(ENEOS)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



東山 玲士(ENEOS)

179cm83kg 右右 MAX150km スライダー・カット・カーブ・チェンジ 丸亀高→同志社大 2年目
最速150㌔の右オーバースロー。主にリリーフで活躍。伸びのある直球に、スライダー、チェンジを交える。
最終更新日:2024-04-12 (Fri)|2024年社会人投手 関西学生 コメント(1)

  動 画

  投手成績

 ■ 社会人時代成績

   23日     回数 被安 奪三 四死 自責  
   T D K     1  1  1  1  0 149㌔(平均145.7㌔)
   ホンダ熊本     1  0  1  1  0 149㌔(平均146.2㌔)
            2  1  2  2  0 防0.00
       被安打率4.50 奪三振率9.00 四死球率9.00

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   19春:        登板無し
   19秋:        登板無し
   20春:        開催中止
   20秋: 4 0勝3敗   13  17  11  6  12  8.31
   21春: 7 0勝1敗  15.1  15  9  7  4  2.35
   21秋: 9 1勝2敗  24.1  8  31  10  2  0.74(1位)
   22春: 7 1勝1敗  22.1  14  25  6  1  0.40
   22秋: 12 2勝1敗  30.2  21  27  7  5  1.47(5位)
   通算: 39 4勝8敗  105.2  75 103  36  24  2.04
          被安打率6.39 奪三振率8.77 四死球率3.07
    ※ 21秋:ベストナイン

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   20秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   関西大 先   4  6  2  2  5 ●
   関学大 先   4  3  3  2  2 
   京都大 先   4  5  5  1  3 ●
   立命大 先   1  3  1  1  2 ●
           13  17  11  6  12 防8.31
      被安打率11.77 奪三振率7.62 四死球率4.15

   21春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   近畿大    1.2  1  0  0  0
          1.2  3  3  1  1
   関学大     2  1  2  2  2
       先   5  6  1  2  0 ●
   立命大     2  0  3  0  0
           2  4  0  1  1
           1  0  0  1  0
          15.1  15  9  7  4 防2.35
       被安打率8.80 奪三振率5.28 四死球率4.11

   21秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   近畿大    0.1  0  0  1  0 ●
   関学大     1  0  2  0  0
       先   4  2  3  3  2 ●
   京都大    0.1  0  0  0  0
       先  7.1  4  12  2  0 ○
   関西大    2.1  0  5  0  0
           3  0  4  2  0
   立命大     2  1  2  1  0
       先   4  1  3  1  0
          24.1  8  31  10  2 防0.74
      被安打率2.96 奪三振率11.47 四死球率3.70

   22春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   京都大     3  0  3  0  0
   近畿大     3  1  6  0  0
           5  4  5  1  0 ○146㌔
          1.2  2  3  1  0
   関西大     4  5  6  0  1 ●
           1  0  0  2  0
   立命大 先  4.2  2  2  2  0
          22.1  14  25  6  1 防0.40
      被安打率5.64 奪三振率10.07 四死球率2.42

   22秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   京都大    3.1  1  4  0  0
   近畿大    2.2  1  2  1  0
           2  2  1  1  1
          3.1  1  4  1  0
   関西大    1.1  2  0  0  1
           2  1  1  0  0 ○
          2.1  1  4  0  1 ●
   関学大     2  1  2  0  0
          3.1  3  2  3  1
           4  4  3  1  0
   立命大    0.2  0  0  0  0
          3.2  4  4  0  1 ○
          30.2  21  27  7  5 防1.47
       被安打率6.16 奪三振率7.92 四死球率2.05

   23年公式戦       回数 被安 奪三 四死 自責
   春季企業:東  芝     1  0  0  1  0
       :三菱重E     1  1  2  0  0
   関東選抜:テイ・エステック     1  0  1  1  0
       :ス バ ル    1.2  2  1  1  2
       :鷺宮製作     1  0  0  1  0
       :東京ガス     1  1  1  1  0
       :茨城トヨ     1  0  1  0  0
   九州大会:エナジッ    0.2  1  1  1  0
   秋季企業:三菱重E     1  1  1  0  0
       :東  芝    0.1  1  0  0  0
   関東大会:JR東日本    0.1  0  1  0  0
   日選手権:T D K     1  1  1  1  0 149㌔
       :ホンダ熊本     1  0  1  1  0 149㌔
                12  8  11  8  2 防1.50
            被安打率6.00 奪三振率8.25 四死球率6.00

 ■ 高校時代成績

   16夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:坂出工業     1  0       0

   17夏(背番号9)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:英明高校 先   5  9  1  1  5
   3回戦:藤井高校 先   9  3  6  4  1
   準々決:高松高校 先   7  5  5  0  1
   準決勝:丸亀城西 先   3  6  1  2  3
               24  23  13  7  10 防3.75(失点から算出)
           被安打率8.63 奪三振率4.88 四死球率2.63

   17秋(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:藤井高校 先   9  5       0封
   3回戦:観音寺総 先  11  9       2
   準々決:英明高校 先   9  7  7  3  1
               29  21       3 防0.93(失点から算出)

   18夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:高松南高     1  0  2     0
   3回戦:観音寺総    2.2  3       3
              3.2  3       3 防7.36(失点から算出)

  最新記事

 ■ ENEOSプロ注目右腕・東山 2番手で3回1安打零封!(スポニチ) 24/4/12

 ENEOSのプロ注目最速150キロ右腕・東山が、7回から2番手として登板し3回1安打無失点と好救援最速146キロを計測し「スピードも出て納得のいく球が多かったです」と振り返った。

   24年公式戦       回数 被安 奪三 四死 自責
   スポニチ:ホンダ熊本     2  2  2  0  1
       :JR東日本    0.1  0  1  0  0
       :JFE西 先   2  6  3  1  4
   春季企業:三菱重E 先   5  2  5  3  0
   関東選抜:テイ・エステック     3  1  3  0  0 146㌔
               12.1  11  14  4  5 防3.65
           被安打率8.03 奪三振率10.22 四死球率2.92

   【球速変遷】高校時代146㌔→社会人1年目149㌔

 ■ 同大、2番手の東山が5回無失点(スポニチ) 22/4/23

 同大は東山玲士投手が5イニングを無失点の好救援。「昨日もいい感じで投げられていたし、自分のピッチングをすれば抑えられると思っていた。真っすぐがよかったので、チェンジアップも生きた」。4―0の3回無死一、二塁から登板し、1回戦から2日連続の救援となった。2死一、三塁から内野安打で1点を許したが、4回以降は140キロ後半の直球を軸に凡打の山を築き、無四球で投げ終えた。

 ■ 「助けられ成長した」 丸亀・東山玲士投手(asahi.com) 18/7/18

 延長十回、丸亀のエース東山玲士は、右腕で顔の汗を何度もぬぐった。変化球はストライクゾーンを外れ、自慢の直球も思うように伸びない。中学時代はエースで4番。高校では1年夏からマウンドを任され、昨年の香川大会は、2013年に優勝して以来のベスト4進出に貢献した。最速146キロプロ注目の本格派。前評判に恥じない実力と自信とともに、最後の夏に臨むはずだった。右肩が痛み始めたのは、春の大会を終えたころ肩に炎症があると診断され、投球練習がほとんどできなくなった。

過去記事

 ■ 秋の高校野球 県大会 あす準々決勝(毎日新聞) 17/10/6

 秋季四国地区高校野球県大会は7日、準々決勝4試合が予定されている。レクザムスタジアムの第1試合は、英明-丸亀。三本松を完封した英明の黒河竜司投手(1年)と丸亀の東山玲士投手(2年)の両右腕の投げ合いが注目される。

 ■ 丸亀止まらん快進撃 “進学校対決”制し4年ぶり4強進出(デイリースポーツ) 17/7/20

 丸亀が高松との“進学校対決”を制して、4年ぶりの準決勝進出を決めた。勝利の立役者はMAX140キロの2年生右腕・東山玲士投手だ。背番号は9だが、今大会は初戦から3試合連続の先発。球威のある直球を主体に7回1失点で試合を作り、「低めに伸びのある球を投げられた」と胸を張った。

  プロフィール

 香川県坂出市出身。
 東山 玲士(ひがしやま・れいじ)投手。
 川津小1年時から軟式野球を始め、坂出中では軟式の野球部に所属。

 丸亀高校では投手兼中軸打者としてプレー。
 1年生で夏大デビュー(1回無失点救援)を飾り、同秋の新チームから背番号1のエースを務める。
 翌2年春の香川大会1回戦・高松東高校戦(4-5)で1試合15奪三振をマーク。
 続く2年時夏の予選全4戦に背番号9で先発し計24回10失点の粘投で4強まで勝ち進んだ。
 2年生の秋から再び背番号1を背負い、3戦29回3失点の活躍で県8強に進出。
 四国大会準V校・英明と対戦した準々決勝で、9回7K、7安打0-1完投の好投を演じている。
 直球の自己最速を145㌔まで伸ばし、スカウト陣からも注目される存在に浮上。
 翌3年春の県3回戦・多度津戦で146㌔を投げ、延長10回166球、7-6完投勝ちをマークした。
 3年時夏の予選は観音寺総合に10回5-8(2.2回3失点)で敗れ3回戦で敗退。
 春季大会後に発症した肩痛で本調子を欠き、抑えピッチャーとして2試合3.2回にのみ登板した。
 県大会4強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 同大(19年-22年)では2年生の秋からリーグ戦に出場。
 3年生の秋になって規定回数初到達を果たし、1勝2敗、防御率0.74(1位)でベスト9に輝いた。
 救援兼先発で9試合24.1回を投げ、京大2回戦(7.1回0封)で初勝利を記録。
 5季で39試合(先発9)、計105.2イニングに登板し、通算4勝8敗103K、防2.04の実績を残した。
 通算39試合、4勝(0完投0完封)8敗、105.2回、防御率2.04。

 ENEOS(23年-)では1年目から公式戦に出場。
 秋の選手権全3戦中2戦に救援として登板し、最速149㌔、計2回0封の全国デビューを飾った。
 二大大会通算2試合、0勝0敗、2回、防御率0.00。

 179cm83kg、最速150㌔直球を持つ右オーバースロー。
 セットから足を上げてグラブを掲げて重心を下げ、後ろ深めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速150㌔、常時140㌔台前半から後半(リリーフ時)の伸びのあるストレートと、
 120㌔台から130㌔強のスライダー、110㌔台のカーブ、120㌔台から130㌔強のチェンジアップ。
 主に救援としてチームに貢献。140㌔台の直球に、スライダー、チェンジを交える。
 高校時代は進学校の野球部をエースとして牽引。社会人1年目の選手権で149㌔をマークした。
 21年冬大学代表候補。奪三振率8.25、四死球率6.00。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2024-04-12 (Fri)|2024年社会人投手 | 関西学生 コメント(1) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
入社1年目の捕手・菅原謙伸(明大)が目を丸くさせる。「見たことがないストレート。打者の手元でのホップが違う」。

最速149キロも、数値以上の勢いが持ち味だ。

「(計測した)回転軸が横に寝ることがなく、真縦に回る。スピン量が多いようです」

「2年後のプロ入り」を目指したENEOSで、入社1年目の昨年は公式戦で経験を重ねた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a5adc850902ad7594b913513fa6f1fb2ef73aeb
| 。・。 | 2024年03月03日(Sun) 05:30 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年社会人投手 | 関西学生 コメント(1) Page Top↑