甲斐 生海(東北福祉大)|ドラフト・レポート

甲斐 生海(東北福祉大)

ここでは、「甲斐 生海(東北福祉大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 日ハム 中日 千葉 広島 楽天 巨人 西武 阪神 福岡 横浜 オリ 東京
    【23候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm95kg 右左 一塁手・外野手 遠投100m 50m6秒6 九州国際大付
広角に長打を放つ左の強打者。4年時秋に打撃2冠を獲得、打率.405、本3点16の好成績を残した。
2022年ソフトバンク3位(契約金6000万円、年俸1000万円)
最終更新日:2022-11-26 (Sat)|2022年ドラフト指名選手 仙台六大学 コメント(1)

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   19春: 2 .000  4  0 0 0 0 0 2 0 0  .000  .000
   19秋: 5 .111  9  1 0 0 1 4 2 4 0  .385  .444
   20春:          開催中止
   20秋:          出場無し
   21春:          出場無し
   21秋:          出場無し
   22春: 10 .278  36 10 1 2 2 7 3 2 0  .316  .583
   22秋: 10 .405  37 15 5 0 3 16 3 3 0  .450  .784(3位)
   通算: 27 .302  86 26 6 2 6 27 10 9 0  .368  .628
    ※ 22秋:ベストナイン(一塁手) 22秋:最多本塁打 22秋:最多打点

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   22選: 1 .000  4  0 0 0 0 0 3 0 0  .000  .000(5番/一)
   通算: 1 .000  4  0 0 0 0 0 3 0 0  .000  .000

高校時代打撃成績

        試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春九 州: 1 .000  3  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000(4番/一)
   18春九 州: 4 .333  15  5 2 0 1 4 3 4 0  .474  .667(3番/一)
   18夏北福岡: 2 .125  8  1 0 0 0 0          .125(3番/一)
   通   算: 7 .231  26  6 2 0 1 4          .423

  最新記事

 ■ ソフトバンク3位の東北福祉大・甲斐生海、登録名は「生海」(報知) 22/11/26

 ソフトバンク3位で指名された東北福祉大の甲斐生海外野手が24日、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を結んだ。また登録名は「生海」に決まった。 福山アマスカウトチーフは「飛距離は誰もが認めるところ柳田のように、こすっても本塁打が打てるように」と、チームが誇る大砲・柳田悠岐外野手の名前を挙げて期待を寄せた。小学時代、毎年のようにソフトバンクの試合を観戦。「地元の福岡で活躍して恩返しができるように。長く活躍できる選手になりたい」と言葉に力を込めた。東北福祉大OBで元阪神の金本知憲氏を尊敬しており“鉄人”のように息の長い選手を目指す。
 福山アマスカウトチーフは「複数の関係者から『飛距離は東北福祉大で歴代ナンバーワン』との評価を聞いている」と太鼓判を押す。同大学は金本氏のほか、和田一浩氏、矢野燿大氏ら名選手を輩出しているだけに、期待値は高まるばかりだ。大学入学直後に打撃指導を受けた和田氏からは「(東北福祉大に在籍した)今までの選手の中で一番の素材」と言葉をかけられたという。(西スポ)

   19秋学院大2回戦:右越え2ラン  22秋東北大1回戦:右越え2ラン
   22春宮教大2回戦:中越え2ラン  22秋東北大1回戦:右越え2ラン
   22春仙台大2回戦:左越え2ラン  22秋東北大2回戦:右越え2ラン

   【打順内訳】1番1試合、4番9試合、5番3試合、6番2試合、7番8試合、8番2試合
   【守備内訳】一塁手13試合、右翼手7試合、指名打者5試合

 ■ ドラ3新人が移転後球団最多50発宣言(西スポ) 22/11/2

 ソフトバンク3位指名された東北福祉大の甲斐生海外野手が1日、「シーズン50本塁打」を近未来の目標に掲げた。小さな頃からの夢だった「Sh」のロゴが入った帽子をかぶると、甲斐の表情は自然とほころんだ。甲斐が長距離砲の道を歩むきっかけは小学校時代にあった。当時、観戦に訪れたヤフードームで松中氏が放った豪快な一発を目に焼き付けた。「同じ左打者だし、あんなすごい選手になりたいと思った」福山アマスカウトチーフは「飛距離ならすでにホークスのトップレベル。打撃に関して言えば柳田のようなパワーと高打率を残せる選手になれる可能性はある」と絶賛。続けて「レギュラーを取れる素質は十分。即戦力と認識してもらって構わない」と大きな期待をかけた。

 ■ 東北福祉大・甲斐生海、推定130M含む2発6打点(報知) 22/9/25

 東北福祉大は東北大を14―0の5回コールドで下した。4番・甲斐生海右翼手は2本塁打で4打数3安打6打点と爆発し、猛アピールした。5回2死三塁、推定130メートルの飛距離で右翼席の中段へズドン。「練習でも出たことない当たりでした」と笑顔でゆっくりダイヤモンドを回った。

過去記事

 ■ 東北福祉大・甲斐生海、「指名なければ野球は続けません」(報知) 22/9/2

 東北福祉大は甲斐生海外野手がプロへ猛アピールすると決意。プロ志望届を提出することを明言して「指名されなかったら野球は続けません」。社会人チームからの誘いもあったがすべて断り、最後のリーグ戦にすべてを懸けるつもりだ。1年春から指名打者に入ってリーグ戦デビュー。しかし2、3年と試合出場はおろか、ベンチ入りもなかった。1年時に父親が亡くなったことなど、さまざまな出来事や思いが重なってしまったことで「野球を嫌いになったというか、やりたくないと思ってしまった」。全体練習にも参加せず、一日中寮の部屋にいたこともあったという。最終学年となり、周囲の助言もあって練習に復帰。細くなった体を大きくするため食トレに取り組むなど、2年間の空白を埋めようと努めた。

 ■ 春の仙六野球 優勝の行方は第3戦へ(東北放送) 22/5/23

 仙台大と福祉大はともに勝ち点4で並び、この最終節の直接対決で2勝した方が優勝となります。第2戦はシーソーゲーム。4回、1点を追う福祉大・甲斐の打球はレフトへ!これが逆転2ランとなります。最終回、福祉大の1年生ストッパー堀越が反撃を断ち、福祉大が逆王手をかけました。

 ■ プロ注目の九州国際大付・甲斐、王者の貫禄で頂点だ(日刊スポーツ) 18/6/23

 プロ注目の九州国際大付の甲斐生海主将が、抽選で激戦区突破へ気持ちを新たにした。高校通算本塁打は、6月中旬の関西との練習試合で放った33本春の県大会から任される3番で自慢の強力打線をけん引する。順当に勝ち進めば、3回戦でプロ注目の最速147キロ右腕、河浦圭佑投手擁す小倉とぶつかる可能性がある。同じ霧丘中野球部で競いあった河浦との勝負もあるだけに「中学からライバルでした。投げてきてほしい。楽しみです」と声を弾ませた。夢はプロ入り。183センチ、85キロのガッチリした体格で「ホームランバッターでチャンスに強い」と元巨人松井秀喜にあこがれる。

 ■ 九国大付の打線爆発12安打13得点(西日本スポーツ) 18/4/27

 九州国際大付打線が2本塁打を含む12安打で山本を強力援護した。2回には準々決勝で3ランを放った2年生の葛城が今大会2号の左越え先制ソロを放ち、5回2死一、三塁では甲斐がバックスクリーン直撃の特大3ラン。葛城は「打線に勢いを付けられた。強打のチームに打ち勝ったのは大きい。夏につながると思う」とうなずき、甲斐も「九州大会は投手が頑張ってくれていたので、いい試合ばかりだった。久しぶりに本塁打が出てよかった」と大勝と優勝を喜んだ。
 県大会では準々決勝からの3試合で13打数7安打7打点。(佐賀新聞)

  プロフィール

 福岡県北九州市出身。
 甲斐 生海(かい・いくみ)一塁手。
 足原小3年から軟式野球を始め、霧丘中では軟式野球部に所属。
 当時のチームメイトに河浦圭佑(JR東日本)ら。

 九国付進学後1年時夏に出場した甲子園はベンチ外。
 翌2年春の大会から4番・一塁で主力を担い、同夏の予選で打率.267、本0点4の実績を残す。
 5回戦・城東戦(2対3)9回表の好機で意地の左越えタイムリー二塁打を記録。
 2年生の秋の予選を県8強(東福岡4-8)で終え、3年時春に18季ぶりの九州制覇をはたした。
 主将を務めながら3番・一塁手を担い、県準々・九産九州戦で6打点をマーク。
 1回表に右中間を破る先制2点適時二塁打、5回表に左中間への3点二塁打を放っている。
 続く九州大会4試合で打率.333(5安打3長打)1本塁打4打点の活躍を披露。
 初戦・東明館戦で先制右中間二塁打を放ち、決勝戦・明豊戦で中越えの3ランを記録した。
 南北分割開催の3年生の夏の予選は若松高に4対5で競り負け2回戦で敗退。
 最終回9回表に一挙5失点で逆転負けを喫し、高校最後の大会をライト前ヒット1本で終えた。
 1学年下のチームメイトに最速149㌔右腕・下村海翔ら。

 東北福祉大では1年生の時からベンチ入り。
 いずれもDHとして年間21戦中5試合に先発し、秋・学院大2回戦で先制の右越え2ランを放つ。
 4年生の春になって正1塁手の座を掴み、主に7番で打率.278、本2点7を記録。
 2季ぶりの優勝をかけて仙大との最終節に挑み、1敗で迎えた2回戦で逆転2ランをマークした。
 続く4年時秋のリーグ戦で4番を打ち、37の15、打率.405で初十傑入りを達成。
 第4節・東北大戦で2試合にかけての3打席連続アーチ(1回戦で2発6打点)を記録している。
 10戦3発16打点の活躍で2冠に輝き優勝を逃しながらも一塁ベスト9を獲得。
 4季で25試合(4番97番8)に先発し、通算26安打、打率.302、6発27打点の実績を残した。
 全国大会には4年時春の第71回全日本大学選手権(1回戦で敗退)に出場。
 初戦・九共戦に5番・一塁手として先発したが、4の0、3三振と活躍出来ず0-2で敗戦となった。
 通算27試合、打率.302、26安打、6本塁打、27打点。

 184cm95kg、ガッチリした体格の強打の一塁手。
 振り切るスイングで広角に長打を放つ左の強打者。高校通算33発の長打力で主軸を務める。
 4年生の春のリーグ戦で定位置を掴み、同年秋から4番打者としてチームを牽引。
 高校時代は2年時春から4番・一塁手でレギュラー、3年生の春から3番打者として活躍した。
 高3春の九州大会決勝でバックスクリーン弾(中堅122mの久留米球場)を記録。
 大4秋のリーグ戦第4節・東北大1回戦(2発6打点)で推定130mのライト中段弾を放っている。
 左打者で二塁到達タイム8.2秒前後(上記動画)。

  スカウトコメント

ソフトバンク・福山龍太郎アマスカウトチーフ|22/11/26
 「飛距離は誰もが認めるところ。柳田のように、こすっても本塁打が打てるように」
 「複数の関係者から『飛距離は東北福祉大で歴代ナンバーワン』との評価を聞いている」
ソフトバンク・福山アマスカウトチーフ|22/11/2
 「飛距離ならすでにホークスのトップレベル。打撃に関して言えば柳田のようなパワーと高打率を残せる選手になれる可能性はある。レギュラーを取れる素質は十分。即戦力と認識してもらって構わない」
ソフトバンク・作山和英スカウト|22/10/20
 「豪快なスイングで広角に長打が打てる大砲候補。秋季リーグ戦本塁打・打点の二冠王」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2023年プロマーク状況



最終更新日:2022-11-26 (Sat)|2022年ドラフト指名選手 | 仙台六大学 コメント(1) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
ほぼ秋の活躍だけでドラフト3位された選手
| 匿名 | 2022年10月21日(Fri) 18:40 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年ドラフト指名選手 | 仙台六大学 コメント(1) Page Top↑