渡辺 翔太(九州産業大)|ドラフト・レポート

渡辺 翔太(九州産業大)

ここでは、「渡辺 翔太(九州産業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 日ハム 中日 千葉 広島 楽天 巨人 西武 阪神 福岡 横浜 オリ 東京
    【23候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm90kg 右右 MAX151km スライダー・カット・スプリット・パーム 北九州高
最速151㌔の直球とカットボール、スプリット。3年時春に151㌔計測、リーグ最多5勝でMVPを受賞した。
2022年東北楽天3位(契約金6000万円、年俸1000万円)
最終更新日:2022-11-04 (Fri)|2022年ドラフト指名選手 福岡六大学 コメント(1)

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   19春: 5  3勝0敗  22.1  18       10  4.03
   19秋: 3  0勝0敗   3  4       1  3.00
   20春:        開催中止
   20秋:        登板無し
   21春: 8  5勝0敗  40.2  23  41     6  1.33(2位)
   21秋: 4  4勝0敗  22.1  15       3  1.21
   22春: 7  5勝0敗  47.2  31       9  1.70(2位)
   22秋: 5  3勝2敗   26  26       7  2.42
   通算: 32 20勝2敗  162 117       36  2.00
    ※ 21春:MVP 21春秋:ベストナイン 19秋:新人賞

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   19神: 1     1  0  1  0  0 141㌔(神宮) 金院大
   21選: 1    6.1  4  8  5  1 146㌔(神宮) 和歌大 ●
   21神: 1 先   7  5  7  5  1 148㌔(神宮) 国学大 ● 
   通算: 3   14.1  9  16  10  2 防1.26
       被安打率5.65 奪三振率10.05 四死球率6.28

 【 国際大会 】
   22ハーレム 回数 被安 奪三 四死 自責
   CUB 先   3  4  3  1  3
   NED     1  1  1  1  0 ○
           4  5  4  2  3 防6.75
      被安打率11.25 奪三振率9.00 四死球率4.50

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   福教大     1  2       1
   九工大 先   9  5  17  2  2 ○
   福工大 先   6  2       0 ○
   日経大 先   5  5       2 ○
   九共大 先  1.1  4       5
          22.1  18       10 防4.03

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   九工大     1  1       0
   福教大     1  1       0
   九共大     1  2       1
           3  4       1 防3.00

   21春(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   九工大 先   7  2       0 ○
   福教大     1  0       0  151㌔
       先   4  4       0 ○
   日経大 先   6  2       0 ○
   福工大 先   8  5       2 ○
          1.2  2       2
   九共大 先   9  6  9  1  2 ○
           4  2       0
          40.2  23  41     6 防1.33
             被安打率5.09 奪三振率9.07

   21秋(1完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   九工大 先   4  3       0 ○
   日経大 先   7  6       2 ○
   福工大 先   5  3  4  2  0 ○封
   九共大 先  6.1  3       1 ○
          22.1  15       3 防1.21

   22春(4完2封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   福工大 先   9  3  11  2  0 ○封
       先   5  5  5  3  1 ○
   福教大 先   9  4  11  3  0 ○封
   日経大 先   9  5  12  2  0 ○
       先  4.2  4       2
   九共大 先  7.2  6  9     3 ○ 148㌔
          3.1  4       3
          47.2  31       9 防1.70

 ■ 高校時代成績

   17夏(背番号11)    回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:2校連合 先   7  2  8  2  0封

   18夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:嘉穂総合     1  1       0
   2回戦:東筑高校 先   9  2  11  3  2 145㌔
   準々決:自由ケ丘 先   9  5  6  4  1 141㌔
   準決勝:折尾愛真 先   8  8  4  4  6
               27  16       9 防3.00(失点から算出)

  最新記事

 ■ 楽天ドラ3・渡辺 夢は「20連勝」 ドラ1・荘司をライバル視(スポニチ) 22/11/4

 楽天から3位指名を受けた九産大・渡辺が入団交渉に臨み、契約金6000万円、年俸1000万円で合意した。ドラフト1位の荘司らをライバル視し「荘司、伊藤(同4位)は大学日本代表の合宿で知っている投手。負けないように」と力を込めた。将来的な目標は先発完投できる投手。大学時代に19連勝している右腕は「大学で達成できなかった20連勝をやってみたい」と大きな目標を掲げた。

   22秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   九工大 先   4  3       0 ○
   日経大 先   8  7       1 ○
   九共大 先   6  10       5 ●
           1  2       1 ●
   福教大 先   7  4       0 ○
           26  26       7 防2.42

   22秋代決   回数 被安 奪三 四死 失点
   西工大 先   6  3  6     0 ○ 148㌔
   沖縄大     4  4       0
   九国大 先   6  2  6     1 ○ 150㌔
   九共大    3.1  3       1   150㌔ ※1-3で敗戦
          19.1  12       2 防0.93

 ■ ドラフト3位指名・渡辺翔太は希少なパームの使い手(報知) 22/10/31

 楽天3位指名した九産大・渡辺翔太投手が31日、指名あいさつを受けた。最速151キロの直球に加えて、カーブ、スライダー、カット、チェンジアップ、スプリーム(高速シンカー)、プロでも希少なパームボールを操る右腕は「まずは1軍を目指したい。僕は大学で19連勝で終わって悔しかったので、20勝、20連勝を目標に頑張りたい」と大きな夢を語った。担当の大久保スカウトは「変化球の多彩さと完成度の高さはドラフト3位の順位に比例している即戦力。これから石井監督が適材適所を探していくことになるだろうけど、希望としては息の長い、先発で最低でも10勝くらいしてくれる白星を積んでくれる安定した投手になってほしい」と成長を願っていた。

 ■ 楽天ドラ3・九産大渡辺が大学最後のマウンドで悔しすぎる被弾(西スポ) 22/10/30

 九産大が4連覇を逃した。エース渡辺を5回途中から投入。準決勝からの連投で150キロをマークしたが、8回にソロを被弾。「あの1球だけは力が入ってしまった」と大学最後の登板に悔いを残した。

過去記事

 ■ 九産大・渡辺が10球団スカウトの前で好投(西日本スポーツ) 22/10/16

 九州大学選手権は16日、2回戦と3回戦が行われ、九産大が沖縄大を2-0で破り4回戦進出を決めた。九産大の渡辺翔太は救援で4回を無失点に抑えた。仲地との投げ合いを熱望していた渡辺は先発を志願したが、大久保監督から「後ろ(救援)でいく」と言い渡された。ドラフトでプロを目指す右腕同士、試合後は一緒に記念写真を撮った。「仲地君は思っていた以上にすごい球を投げていた。共にプロに進んで高め合いたい」とプロでの対決を願っていた。

 ■ 指名待つ九産大勢が猛アピール 九州大学野球選手権(西スポ) 22/10/16

 ネット裏で見つめる8球団のスカウトに「見てくれ」と言わんばかりに思い切り腕を振った。九産大の渡辺翔太は先発で6回を投げ、3安打無失点。「パームボールが決まって三振が取れました」と緩急を生かして6三振を奪った。12球団から調査書が届き、20日のプロ野球ドラフト会議で指名を待つ。3位に終わった秋のリーグ戦は恥骨の疲労骨折の影響で力を出せず、今大会はドラフト前最後のアピールの場。「けがも順調に回復しています下半身のトレーニングもできた」とリーグ戦終了から2週間、この登板に備え、リーグ戦よりも納得できる投球を見せられた。

 ■ 7球団スカウト集結…九産大・渡辺20連勝ならず(西スポ) 22/9/24

 7球団のスカウトが見守る中で九産大のエース渡辺がリーグ戦初黒星を喫した。無敗の20連勝が懸かっていたが達成できず「悔しいの一言。リーグ戦最後の九共大戦で20勝目を挙げたかった」。エースは初めて2者連続本塁打を許し、悔しさを抑えられなかった。試合前日はブルペンで内角を攻める球を練習した。自信を持って投じた内角直球をスタンドへ運ばれた。

 ■ 大学日本代表の右腕がエースの仕事 九産大・渡辺翔太(西スポ) 22/9/17

 九産大が2-1で日経大を破り4連勝とした。プロを目指す渡辺翔太が8回1失点で今季2勝目を挙げた。大学日本代表入りし、7月に「ハーレムベースボールウイーク」で2試合に登板した。その後、8月中旬に恥骨の疲労骨折が判明。さらにインフルエンザ感染とダブルパンチに見舞われた。調整は大幅に遅れ、開幕週はベンチに入ったが登板できなかった。第2週の九工大戦が自身の開幕戦に。先発として4回を投げ無失点で初勝利を挙げた。この日は11球団のスカウトが投球に注目した。

 ■ 九産大6連覇ならず…エース渡辺「スタミナ切れ」(西スポ) 22/5/15

 九産大はまさかのコールド負けで6連覇はならなかった。守備のミスから流れを失い、先発の楠本、4回から登板したエース渡辺とチームを支えた2本柱が失点を重ねた。前日の先発に続いて連投した渡辺は「スタミナ切れ。相手の勢いを止められなかった。申し訳ない」と目に涙を浮かべた。次の目標は秋の神宮大会出場。「チームに残る4年生で引っ張っていきたい」とリベンジを誓った。

 ■ 九産大が逆王手、渡辺翔太が8回途中3失点の粘投(日刊) 22/5/14

 2位九産大が優勝争いの直接対決に先勝して、逆王手をかけた。今秋のドラフト候補で最速151キロ右腕、渡辺翔太投手が、7回2/3を投げ3失点で、首位九共大に立ちはだかり今季5勝目。強力打線から9三振を奪った。疲労蓄積から本調子ではなかった。だが、キレのある140キロ台中盤の直球で丁寧にコーナーを突いた。パームボールや、シンカー気味に落ち、ツーシームとスプリットを合わせた「スプリーム」などを織り交ぜて翻弄。6回まで2安打無失点でしのいだ。
 この日の最速は148キロ(西日本スポーツ)

 ■ 「情けなかったので」自らバリカンを持った最速151キロ右腕(西スポ) 22/5/14

 「頂上決戦」へ向け、プロ注目の最速151キロ右腕の渡辺はすでに気合十分だ。5回途中2失点で降板した9日の日経大戦の後、自ら頭にバリカンを当てて丸刈りにした。「情けなかったので、気合を入れ直そうと思った」。今季は4勝無敗1年春からリーグ戦負けなしの16連勝中だが「これまでの成績は忘れていきたい」とすべてをリセットして九共大との対戦に臨む。

 ■ プロ注目右腕の九産大・渡辺 サヨナラ勝ち導く3安打完封(スポニチ) 22/4/17

 九産大はプロ注目右腕、渡辺翔太が今季初先発し3安打11三振で福工大を完封すると、0―0で迎えた9回に野口恭佑がソロ本塁打して1―0でサヨナラ勝ちした。今秋ドラフト候補、渡辺の力投が報われた。初回から5者連続三振の立ち上がり。9回を投げて11三振を奪う会心のピッチング。スタンドの楽天はじめ複数球団スカウトのメモには「◎」が記されたはずだ。

 ■ 崖っぷちから春7連覇へ逆王手(西日本スポーツ) 21/5/16

 先発の渡辺翔が先輩の意地を見せた。九共大の先発は北九州高の1学年後輩で、前週まで4勝で並んでいた木村仁。「絶対に負けられなかった。先にマウンドを降りたくなかった」。無傷の5連勝今季初完投で飾って胸を張った。「直球にカットボールとパームボールを使った」と9三振も奪った。
 投げては最速151キロ右腕、渡辺翔太投手が2失点完投。(日刊)

 ■ 九産大1年コンビが鍵 全日本大学野球10日開幕(西日本スポーツ) 19/6/8

 昨年4強の九産大はリーグ戦で活躍した渡辺翔太(1年)、野口恭佑(1年)のルーキーコンビが鍵を握る。リーグ戦で4勝を挙げた渡辺にとっては人生初の全国大会。高校時代から体形は変わらないが球速は148キロに伸びた。

 ■ 九産大1年渡辺快投17K パームボール武器(西日本スポーツ) 19/4/22

 九産大は渡辺翔太(1年)が毎回の17奪三振でリーグ戦初勝利。チームは九工大に4-2で逆転勝ちした。「ベストピッチに近いです。高校の時も、こんなに取ったことはないと思います。自己最多です」と渡辺が124球完投を振り返る。4回には3者連続三振に切って取るなど5回1死まで一人の走者も許さない。耐えたマウンドでもあった。9回に何とか逆転。渡辺は辛くも「完投負け」は免れた。

 ■ 北九州・渡辺137球完投も快進撃止まった(西日本スポーツ) 18/7/22

 ノーシードの北九州の快進撃がついに止まった。中盤まで折尾愛真に食らいついたが、エース渡辺が6回に勝ち越され、8回には本塁打などでリードを広げられた。試合後は「相手が上だった。今日の投球は90点でした」と涙は見せなかった。東筑や自由ケ丘など優勝候補を破る原動力となった右腕は「やりきったという気持ちが強い卒業後は大学で野球をやりたい」と進学を希望した。

 ■ 北九州旋風 ノーシードまた強豪突破 最速145キロ渡辺完投(西日本スポーツ) 18/7/17

 公立ノーシード校の北九州が甲子園出場経験のあるシード校の自由ケ丘に14-1で大勝し、4強進出を決めた。2回戦で東筑撃破の立役者となったエース渡辺翔太が1失点完投。7回まで毎回走者を出しながらも、この日最速141キロの真っすぐにパームボールとスライダーを織り交ぜながら要所を締めた。ギアを上げた6回以降は被安打1。猛暑の中での熱投に打線も奮起した。9回の大量10得点でねじ伏せた。昨春の福岡大会5回戦で東筑に0-2で敗れた。同じ2年生だった石田旭昇に投げ負け「石田のいる東筑を倒す」と誓いを立てた。東筑戦では自己最速の145キロをマーク。11三振を奪うなど「高校で一番」と振り返るベストピッチを披露し、5-2で勝って目標を達成した。それまでノーマークだったプロも一気に注目。この日は日本ハム広島中日のスカウトが視察に訪れた。

  プロフィール

 福岡県北九州市出身。
 渡辺 翔太(わたなべ・しょうた)投手。
 桜丘小3年生の時からソフトボールを始め、富野中では八幡東ボーイズで遊撃・投手。

 北九州高校では1年生の秋からベンチ入り。
 2年生になって背番号11で夏大デビューを果たし、初戦・筑豊・行橋戦で7回完封勝ちを収める。
 2年時秋の予選でエースの座を掴むも、以降2シーズン続けて県3回戦で敗退。
 3年時夏の予選で4戦27回9失点の奮闘を演じ、ノーシードからのベスト4躍進を成し遂げた。
 東筑・石田旭昇と投げ合った2回戦で、2安打11三振、5対2完投勝利を記録。
 日ハム・広島・中日スカウトが視察に訪れた準々・自由ケ丘戦で14対1完投勝利を挙げている。
 北福岡大会4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 九州産業大では1年生の春からベンチ入り。
 開幕2週目の九工2回戦で初先発をはたし、毎回17K、5安打4-2完投の好投で初勝利を飾る。
 以降、福森耀真らに次ぐ先発を担い、シーズン3勝、防4.03(規定不足)を記録。
 その後3季の出場減を乗り越え、3年時春から先発2番手、同年秋からエースとして活躍した。
 4年間で32試合(先発23)計162回をこなし、通算20勝2敗、防1.92をマーク。
 4年時春のリーグ戦第2週・福工大1回戦で、11奪三振1対0、9回初完封勝利を収めている。
 3・4年時春の2度、規定投球回を投げ、それぞれ最多5勝でベストナインを受賞。
 4年生の春を除く4シーズンで優勝を経験し、3年生の春に最優秀選手のタイトルを獲得した。
 全国大会には1、3年時秋の神宮大会、および3年時春の大学選手権に出場。
 救援先発で全3試合(先1)、計14.1回に登板し、0勝2敗、16K、防御率1.26の実績を残した。
 3年時春の選手権1回戦で和大と接戦を演じるも10回TBの末に4対5で惜敗。
 0-2の4回裏から3番手としての登板で、6.1回8奪三振3失点、自責1の粘投を披露している。
 3年生の秋の神宮初戦で全国初先発し、自己最速に3㌔と迫る148㌔を計測。
 国学大のプロ注左腕・武内夏暉と投げ合い、完封負けの中で7回7K1失点の力投をみせた。
 国際大会には4年生の7月に行われたハーレム大会(3位決定戦敗退)に出場。
 先発救援で全8戦中2試合のマウンドに登り、1勝0敗、4回4K3失点、防御率6.75をマークした。
 通算32試合、20勝(7完投3完封)2敗、162回、防御率2.00。

 182cm90kg、力のある直球を持つプロ注目右腕。
 セットから始動して膝を引き上げ、重心を下げて早めに着地し、後ろ小さめに柔らかい腕の振りから
 投げ込む最速151㌔、常時130㌔台後半から145㌔強(先発時)のストレートと、
 130㌔前後のカット、120㌔台から130㌔台の縦スラ、130㌔前後のSFF、120㌔台のパーム。
 ストレートと変化球で空振りを奪取。3年時春8試合40.2回で41Kをマークした。
 大学進学後にカットを習得。直球で打者を差し込み、カット、縦スラ、逃げて沈むスプリットを交える。 
 遠投120m。3年時春のリーグ戦で151㌔を計測した。

  スカウトコメント

楽天・大久保スカウト|22/10/31
 「変化球の多彩さと完成度の高さはドラフト3位の順位に比例している即戦力。これから石井監督が適材適所を探していくことになるだろうけど、希望としては息の長い、先発で最低でも10勝くらいしてくれる白星を積んでくれる安定した投手になってほしい」
東北楽天スカウト|22/10/20
 「182cm、90kgのバランスの良い体型から最速150km/h、平均145km/hのストレートを投げるオーバーハンド右腕。球質も良く強さもあり制球力が良いのが特徴」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2023年プロマーク状況



最終更新日:2022-11-04 (Fri)|2022年ドラフト指名選手 | 福岡六大学 コメント(1) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
>「身体能力があり、ポテンシャルも高い。真っすぐと変化球のコンビネーションで、要所では最大の武器であるスプリームがウイニングショットとして使える。コントロールも良く、まとまった投手です。取り組む姿勢もしっかりしています」

>スプリームとはスプリットとツーシームの間で、ダルビッシュ有が“開発”したと言われる特殊球だ。渡辺はこの落差のある“切り札”に加えて、パームに絶対の自信を持っている。中学時代に習得し、かつてパームが代名詞であった元中日・浅尾拓也を参考にしたという。
https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=059-20220815-01&rf=yamp
| 。・。 | 2022年10月01日(Sat) 07:13 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年ドラフト指名選手 | 福岡六大学 コメント(1) Page Top↑