宮崎 恭輔(パナソニック)|ドラフト・レポート

宮崎 恭輔(パナソニック)

ここでは、「宮崎 恭輔(パナソニック)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm90kg 右右 捕手 遠投110m 50m6秒3 国学院久我山→慶應義塾大 1年目
二塁送球1.9秒台、大型のプロ注捕手。大学日本代表。4年時秋の立教大戦で右越えソロを放った。
最終更新日:2024-02-10 (Sat)|2025年社会人野手 東京六大学 コメント(0)

  動 画



  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   20春:          出場無し
   20秋:          出場無し
   21春:          出場無し
   21秋:          出場無し
   22春: 9 .286  14  4 0 0 1 4 4 2 0  .375  .500
   22秋: 14 .300  50 15 2 0 0 6 12 4 0  .352  .340
   23春: 15 .327  55 18 3 0 0 10 9 7 0  .403  .382(9位)
   23秋: 14 .370  54 20 2 2 3 13 12 9 1  .460  .648(2位)
   通算: 52 .329 173 57 7 2 4 33 37 22 1  .405  .462
    ※ 23秋:ベストナイン(捕手)

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   23神: 3 .273  11  3 0 0 1 3 0 0 0  .273  .545(5番/捕)
   通算: 3 .273  11  3 0 0 1 3 0 0 0  .273  .545

 【 国際大会 】
      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   23日米: 1 .000  2  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   通 算: 1 .000  2  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19夏: 2 .667  6  4 1 0 0 1 0 3 0  .778  .833(4番/捕)
   通算: 2 .667  6  4 1 0 0 1 0 3 0  .778  .833

高校時代打撃成績

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17秋東京: 1 .000  2  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000(6番/捕)
   18夏予選: 1 1.000  1  1 1 0 0 2         2.000
   18秋東京: 4 .429  14  6 1 1 0 4 1 2 0  .500  .643(4番/捕)
   19夏予選: 6 .292  24  7 1 0 2 11 1 3 2  .370  .583(4番/捕)
   通  算: 12 .341  41 14 3 1 2 17          .610

  最新記事

 ■ 慶大は本間颯太朗、宮崎恭輔が〝2発アベック弾〟!(SANSPO) 23/9/10

 7番・本間颯太朗内野手(3年)が二、六回に2ランとソロ。5番・宮崎恭輔捕手(4年)が六、九回に2ラン2発を放ち、12安打で11得点を挙げ、16安打の立大を振り切り、連勝で勝ち点1を奪った。
 堀井哲也監督(は「宮崎はやっと広瀬と並ぶだけの力がついてきたこれくらいやってくれると思っていた。本間は春、首位打者を取ると思った選手。ビックリするほどではないんです」と笑顔。(日刊)

    1号:松岡 由機(東京大)  22/ 4/ 9  左越え3ラン ※初打席初本塁打
    2号:池田 陽佑(立教大)  23/ 9/ 9  右越えソロ弾 ※外高め143K直球
    3号:渡部 太陽(立教大)  23/ 9/10  左翼線2ラン
    4号:池田 陽佑(立教大)  23/ 9/10  左越え2ラン
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    1号:米村 謙伸(IPU)  23/11/18  左越え2ラン

   【二塁送球】19夏予選準決勝:1秒85(3回)…ウエスト気味
         19夏本戦1回戦:1秒95(1回)、2秒00(2回)
         23秋神宮2回戦:1秒91(1回)、2秒02(4回)
   【一塁到達】23神準々決:2回4秒42(三ゴ)、5回4秒68(三ゴ)
         23神決勝戦:1回4秒56(三併)
   【打順内訳】4番2試合、5番17試合、6番8試合、7番2試合、8番16試合
   【守備内訳】捕手43試合

 ■ 慶大 立大に18連勝!宮崎が2号ソロ含む2安打2打点(スポニチ) 23/9/10

 慶大は宮崎恭輔捕手がリーグ通算2号のソロを含む2安打2打点。3回には逆方向への右越えソロで追加点を奪った。「あそこまで伸びると思っていなかった」。侍ジャパン大学日本代表に選出された捕手は「逆方向に強い打球を打つ。そこに取り組んできたので成果が出てよかった」と胸を張った。

 ■ 慶大が逆転開幕勝利 宮崎恭輔、初出場初打席で勝ち越し3ラン(日刊) 22/4/9

 4-4で迎えた8回無死一、三塁、宮崎恭輔捕手(3年)が高めスライダーをとらえて左翼スタンドへ運び、勝ち越しの3ラン。途中出場でマスクをかぶっており、6大学初出場、初打席で本塁打をマークし「チームの勝利に貢献できてうれしいです。ボールにくらいついてやろうと思っていた。自分でも、できすぎかなと思います」と喜んだ。初打席での本塁打は、史上28人目となった。

過去記事

 ■ プロ注目の国学院久我山・宮崎、サヨナラ満塁弾(スポーツ報知) 19/7/25

 プロ注目の国学院久我山・宮崎恭輔捕手が同点の9回2死からサヨナラ満塁本塁打。早実を打ち破り、4強に進出した。4番の2試合連発となる高校通算15号は、劇的なサヨナラ満塁本塁打。二塁送球1・8秒台を誇るプロ注目の捕手らしく、相手を読み切った。早実の146キロ右腕・伊藤大征とは、昨冬の東京高校選抜でキューバに遠征球威、気持ちの強さを熟知していた。すべて直球でカウント1ボール2ストライクとなって5球目。伊藤がサインに首を振るのを見て、直感した。「追い込まれ、スライダーが来ると感じた」。ズバリと仕留め、「配球を読む力がついた」と胸を張った。

  プロフィール

 神奈川県相模原市生まれ。
 宮崎 恭輔(みやざき・きょうすけ)捕手。
 大野小2年からひのきビートルズで野球を始め、鵜野森中では海老名シニアで内野兼捕手。

 久我山では1年生の秋(都1回戦)に背番号2を経験。
 2年時夏の西大会で控えとして夏大デビューし、初戦・八王子実践戦で代打2点二塁打を放つ。
 2年生の秋の予選から4番・捕手を担い、打率.429の好成績で都8強まで進出。
 1回戦・実践学園戦で右適時3塁打を記録し、準々・東亜学園戦で右適時2塁打を放った。
 この活躍で冬の都選抜入りを果たし、菅生・小山らと共にキューバ遠征に参加。
 翌3年春の都大会で2季連続の8強まで進み、初戦・研心戦で1試合2発の大暴れを見せた。
 その後、3年時夏の予選で優勝を飾り一躍プロからも注目される存在に浮上。
 5回戦・総合工科戦で左越えの同点ソロ弾、準々・早実戦でサヨナラの左満弾を放っている。
 続く甲子園1回戦で前橋育英を破り、28年ぶり3度目の出場で初勝利を記録。
 7回2死2塁から同点中安(外寄り直球)を放ち、1回裏の二盗で送球タイム1.95秒をマークした。
 甲子園通算2試合、打率.667、4安打、0本塁打、1打点。

 慶應義塾大では3年時春のリーグ戦からベンチ入り。
 開幕戦・東大戦で守備固めとして初出場を飾り、8回ウラの初打席で左翼への1号3ランを放つ。
 3年生の秋になって正捕手の座を掴み、翌4年秋から主軸5番打者として活躍。
 4季で43試合(5番17)の先発マスクを被り通算57安打打率.329本4点33の実績を残した。
 打率.370(2位)本3点13のキャリアハイを記録した4年生の秋にベスト9を受賞。
 開幕・立大1回戦で右越えソロ(外高め143㌔)、同2回戦で左翼への1試合2発を放っている。
 全国大会には4年時秋の明治神宮野球大会(4年ぶり5度目の優勝)に出場。
 全3戦に5番・捕手として出場し、計11打数で3安打、打率.273、1本塁打3打点を記録した。
 初戦準々・IPU戦(7回7対0)で、2適時打3打点、1試合2補殺の活躍を披露。
 1-0で迎えた4回裏無死1塁のチャンスでレフトスタンドへの2ラン(高めカーブ)をマークしている。
 国際大会には4年時夏の日米大学野球(2大会連続20度目の優勝)に出場。
 正捕手・進藤勇也の控えとしてチームに貢献し、5-8の負け試合となった第2戦で代打を務めた。
 通算52試合、打率.329、57安打、4本塁打、33打点。

 182cm90kg、強肩強打のプロ注目捕手。
 リーグ通算4発、振り切るスイングで強い当たりを放つ右の強打者。捕手ながら主軸打者を担う。
 大学4年秋のリーグ戦で3発、立大1回戦で右ソロ(外高め143㌔)をマークした。
 二塁送球タイム1.9秒台をマークする強肩。大型のキャッチャーとしてプロからも注目をされている。
 遠投110m、50m6秒3。高校通算15本塁打。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2024-02-10 (Sat)|2025年社会人野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2025年社会人野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑