大室 亮満(明治大)|ドラフト・レポート

大室 亮満(明治大)

ここでは、「大室 亮満(明治大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



大室 亮満(明治大)

188cm85kg 左左 MAX141km スライダー・カーブ・フォーク 高松商業
プロ注目の左オーバースロー。角度のある直球とカーブとの緩急。明徳・鳴門を2戦連続完投で破った。
最終更新日:2024-04-01 (Mon)|2027年大学生投手 東京六大学 コメント(1)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   22夏: 2     6  6  5  7  4
            1  0  1  0  0 133㌔ 佐久長聖
        先   5  6  4  7  4 135㌔ 近江高校 ●
   23春: 1 先   9  12  5  1  6 136㌔ 東邦高校 ●
   通算: 3    15  18  10  8  10 防6.00
       被安打率10.80 奪三振率6.00 四死球率4.80

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   21秋(背番号12)      回数 被安 奪三 四死 自責
   香川2回戦:高松高校     1  1  1  1  0

   22春(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 自責
   香川3回戦:高松南高 先   7  4  7  2  1
     決勝戦:英明高校 先   6  7  6  3  4 
   四国1回戦:松山商業     1  0  0  0  0
     準決勝:鳴門高校 先   6  12  3  2  4
                 20  23  16  7  9 防4.05
            被安打率10.35 奪三振率7.20 四死球率3.15
                 
   22夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 自責
   香川準決勝:丸亀高校     8  5  6  0  1 134㌔

   22秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   香川2回戦:三本松高 先  6.2  4  5  1  0
     3回戦:香川西高 先   8  4  9  3  0
     準々決:志度高校 先   6  8  4  0  0
     準決勝:藤井寒川 先   9  8  4  3  6
     決勝戦:英明高校     5  6  4  1  1
   四国1回戦:徳島商業 先   6  7  4  0  1
     準々決:明徳義塾 先   9  11  5  2  3
     準決勝:鳴門高校 先   9  5  2  1  1
                58.2  53  37  11  12 防1.07
             被安打率8.13 奪三振率5.68 四死球率1.69

  最新記事

 ■ 高松商が快勝発進 エース大室が5回無失点(デイリー) 23/7/10

 第1シードの高松商が、七回コールドの快勝で高松一との伝統校対決を制した。エース・大室亮満が5回を3安打無失点と好投。この日の最速は141キロ毎回の6三振を奪った左腕は「初戦の硬さがあって、自分の中で力を入れて投げているだけになってしまったところがあった」と反省した。

   23夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   香川2回戦:高松第一 先   5  3  6  1  0 141㌔
     3回戦:寒川高校 先   8  8  4  4  4
                 13  11  10  5  4 防2.77
             被安打率7.62 奪三振率6.92 四死球率3.46

 ■ 高松商・大室 6失点に「全国レベルでは通用しない」(スポニチ) 23/3/25

 好投手・大室亮満が東邦打線に12安打を浴び6失点。試合後には目頭を押さえる場面もあり「自分の持っているすべてを出したが、全国レベルでは通用しないと分かった」と肩を落とした。12安打のうち、7本が長打と打ち込まれ「球の力強さだったり、変化球の精度が足りていなかった夏はもっとレベルアップして帰ってこられるようにしたい」と成長を誓い、夏に聖地に戻ってくることを誓った。
 2回2死三塁から大室亮満の中前適時打で先制。(スポニチ)

 ■ 高松商が4年ぶりのセンバツ当確 浅野翔吾もスタンドで応援(報知) 22/11/6

 四国大会では、高松商が決勝に進出し、4年ぶりのセンバツ出場が当確となった。巨人のドラフト1位・浅野翔吾外野手がスタンドで太鼓をたたいて応援。プロ注目左腕の大室亮満が1失点完投した。

  プロフィール

 香川県高松市出身。
 大室 亮満(おおむろ・りょうま)投手。
 太田南小時代に軟式チームで野球を始め、太田中学校ではかがわ中央シニアに所属。

 高松商業では1年生の秋から控えとしてベンチ入り。
 2年時夏の県大会(#10)で夏大デビューを果たし、1番・浅野翔吾らを擁して大会2連覇を飾る。
 本大会全3戦中2試合のマウンドに登り、0勝1敗、6回4失点、防6.00をマーク。
 準々・近江戦の先発に抜擢されたが、初回から捕まり、5回4失点、6対7で敗戦投手となった。
 2年生の秋の予選で主戦の座をつかみ、県大会2位での四国大会準Vを達成。
 四国準々・明徳義塾戦で11安打4-3完投、準決・鳴門戦で5安打4-1完投を記録している。
 130㌔台ながら角度ある直球を投じ、スカウト陣からも注目される存在に浮上。
 全9戦中8試合(先7)、計58.2イニングを投げ、53安打37K12失点、防1.07の粘投を見せた。
 翌3年春の選抜初戦で東邦と対戦し、奮闘も及ばず12安打3-6完投で敗戦。
 2回2死で先制打を放つも4回に逆転を許し、以降も失点を重ねて4年ぶりの春1勝を逃した。
 3年時夏の県大会は寒川高に8安打4四死球3対4完投で敗れ3回戦で敗退。
 いずれも先発で全2戦計13回(4失点)を投げ、初戦・高松一戦で最速タイ141㌔をマークした。
 1学年上に渡辺和大浅野翔吾(巨人2022年1位)ら。

 188cm85kg、プロ注目の最速141㌔長身サウスポー。
 セットから始動をしてグラブを掲げて重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速141㌔、常時120㌔台中盤から130㌔台中盤(高3春の選抜)の真っすぐと、
 110㌔台から120㌔強のスライダー、100㌔台の緩いカーブ、120㌔前後で沈むフォークボール。
 長身から投じる角度あるストレートが持ち味。100㌔台のカーブで緩急をつける。
 2年生の秋の新チームで背番号1の座を獲得、明徳義塾、鳴門高校相手に完投勝ちを挙げた。
 遠投85m、50m6秒5。足を高めに上げて投げ込んでいく。

  スカウトコメント

巨人・水野雄仁スカウト部長|23/3/26
 「身長があるし、体ができあがってきたら面白いと思います」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2024-04-01 (Mon)|2027年大学生投手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
今年の夏大会前の野球太郎にはMAX138kmとの記載がありました。
あと秋四国大会準決勝の鳴門戦ではMAX137kmだったようです。
https://twitter.com/Norifumi_Nishio/status/1588780394723540993
| 匿名 | 2022年11月11日(Fri) 21:14 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2027年大学生投手 | 東京六大学 コメント(1) Page Top↑