藤原 聡大(花園大)|ドラフト・レポート

藤原 聡大(花園大)

ここでは、「藤原 聡大(花園大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



藤原 聡大(花園大)

177cm71kg 右右 MAX154km スライダー・カーブ・チェンジ・スプリット 水口高校
最速154㌔直球を持つ細身の右腕。東京ドームで152㌔を計測。高校で遊撃手から投手に転向した。
最終更新日:2024-04-02 (Tue)|2025年大学生投手 京滋大学 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合   勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   22春: 4  2勝1敗   16  9  21  11  1  0.56(2位)
   22秋: 8  3勝1敗  38.1  31  46  14  7  1.64(4位)
   23春: 4  4勝0敗   35  28  44  21  7  1.80(5位)
   23秋: 3  1勝1敗    7  5  11  2  3  3.86
   通算: 19 10勝3敗  96.1  73 122  48  18  1.68
          被安打率6.82 奪三振率11.40 四死球率4.48
    ※ 22秋:新人賞

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   23選: 1    2.2  2  2  5  3 152㌔(東ド) 大商大
   通算: 1    2.2  2  2  5  3 防10.13
       被安打率6.75 奪三振率6.75 四死球率16.88

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   22春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   大谷大 先   5  1  7  4  0 ○
           3  1  5  4  0 ○
   滋賀大 先   6  7  7  3  1 ●
           2  0  2  0  0
           16  9  21  11  1 防0.56
      被安打率5.06 奪三振率11.81 四死球率6.19

   22秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   びわ大 先   7  3  6  4  0 ○ 150㌔(わかさ)
       先   5  4  2  0  0
   先端大    2.2  1  4  1  0 
          1.1  4  2  0  3
       先   4  4  6  1  0
   滋賀大 先  5.1  7  9  2  1 ○
   佛教大 先   6  5  7  2  2 ○
   大谷大 先   7  3  10  4  1 ●
          38.1  31  46  14  7 防1.64
      被安打率7.28 奪三振率10.80 四死球率3.29

   23春(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   びわ大 先   9  9  12  9  3 ○…初完投勝利
   大谷大 先   9  3  11  7  2 ○
   佛教大 先   9  5  11  3  2 ○
   滋賀大 先   8  11  10  2  4 ○
           35  28  44  21  11 防1.80
      被安打率7.20 奪三振率11.31 四死球率5.40

   23秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点 ※故障出遅れ
   先端大     1  0  3  1  0
   佛教大     3  1  5  0  0 ○
           3  4  3  1  3 ●
           7  5  11  2  3 防3.86
      被安打率6.43 奪三振率14.14 四死球率2.57

 ■ 高校時代成績

   21春(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   滋賀1回戦:国際情報 先   9  5  13  4  2
     2回戦:玉川高校 先   9  4  14  2  0封※1-0完封勝利
     3回戦:日野高校 先   5  0  7  4  0封※5回ノーノー
     準々決:滋賀学園 先   8  10  4  2  4 ※3-4完投負け
                 31  19  38  12  6 防1.74
            被安打率5.52 奪三振率11.03 四死球率3.48

   21夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   滋賀2回戦:滋賀学園 先   8  8  6  3  4 ※3-4完投負け
                 8  8  6  3  4 防4.50
             被安打率9.00 奪三振率6.75 四死球率3.38

  最新記事

 ■ 最速154キロ に更新!花園大3年藤原聡大が1回無失点(日刊) 24/4/2

 プロ注目の花園大・藤原聡大(3年)が9回の1イニングを2三振含む3人で抑え、自己最速更新の154キロをマーク。この日直球のほとんどが150キロを超えていた。フォームは「感覚がよかったのと、単純にかっこいい(笑い)」と昨春以来のワインドアップ投法に戻した。中でも、参考にしたのは関大・金丸夢斗投手の投球動画や練習法。「かっこいいですよね!自分も力感のないフォームをつくって、リリース時に100パーセントの速いボールを投げることを意識しています」。新3回生で早くも進路はプロ1本を志望。大学選手権出場に向けて、チームの白星を積み重ねていく。

   24春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   大谷大     1  0  2  0  0 154㌔(わかさ)

      22春 22秋 23春 23秋 通算
   1回戦: 0  3  4  0  7
   2回戦: 2  1  0  0  3
   3回戦: 0  2  0  0  2

   【球速変遷】高校時代143㌔→大1夏149㌔→大1秋150㌔→大2春152㌔→大3春154㌔

 ■ 花園大・藤原聡大が自己最速更新の152キロも完敗(報知) 23/6/7

 2度目出場の花園大は、大商大に投打に圧倒され完敗。初勝利はならなかった。2番手で5回途中から登板した藤原聡大(2年)は、2回2/3を投げ2安打5四球3失点。四球が失点につながり「四死球が課題だったけど、四球で出した走者が失点になった。全国で強いチームには勝てない。エースとして帰ってきて日本一を目指したい」と誓った。6回には152キロをマーク。スタンドの応援団も沸いたが「球速は155キロ以上を目標にしているけど、球速より勝てる投手になりたい」と話していた。

 ■ 花園大が13季ぶりV 150キロ超「2年生コンビ」が躍動(スポニチ) 23/5/10

 花園大が2016年春以来13季ぶり2度目の優勝を決めた。この日先発した最速150キロ左腕・小林純大(2年)は、3失点完投勝利。前日の1回戦は、最速151キロ右腕・藤原聡太(2年)が先発して8回4失点で勝利投手となった。今春4戦4勝と主戦投手としての役割を果たし、「調子が悪くても開幕投手を任せてもらった。4戦4勝を挙げることができたのは自信になります」と胸を張った。

過去記事

 ■ 花園大のルーキー・川崎壮志が衝撃デビュー(報知) 23/4/1

 昨シーズン4位の花園大が先勝した。14安打6点を奪って、びわこ大を突き放した。投げては最速150キロ右腕の藤原聡大(2年)が、9回に3点を失ったものの、12三振を奪い完投勝利を収めた。

 ■ 1年生右腕が150キロ!花園大・藤原聡太が7回無失点(報知) 22/8/27

 先発右腕の藤原聡大(1年)が、最速150キロをマーク。7回3安打6奪三振無失点の好投で、開幕勝利を呼び込んだ。高校最後の夏は滋賀県大会初戦敗退。花園大で体の使い方を見直し柔軟性を整えて、トレーニングを重ねた結果、高校時代から3センチ、5キロアップして現在175センチ、67キロ。今夏のオープン戦では自己最速を149キロに更新するなど好調でシーズンに入った。

 ■ 7月17日の高校野球 滋賀(朝日新聞) 21/7/18

 水口は、春の県大会準々決勝で、3―4で敗れた滋賀学園へのリベンジを目指し、初戦に挑んだ。エースの藤原聡大は「春の借りは絶対返す」と、初回からギアを上げた。小柄ながら、柔らかさを感じる投球フォーム。右腕から低めに伸びる最速140キロ超の速球、キレのあるスライダーを投げ込む。

  プロフィール

 三重県伊賀市出身。
 藤原 聡大(ふじわら・そうた)投手。
 伊賀市立阿山中時代は硬式野球チーム・甲賀シニアでプレー。

 水口高校(17年-19年)には内野手として入学。
 2年生の夏の代替大会(#11)で夏大デビューし、初戦・比叡山戦(2⑦10)で9番遊撃を務める。
 その後、背番号1番の座をつかみ取り、最速143㌔直球を武器にチームを牽引。
 3年時春の県大会全4戦(8強)を1人で投げ、計31回38K6失点、防1.74の好成績を残した。
 1-0の投手戦となった2回戦・玉川戦で、4安打2四球、14奪三振完封をマーク。
 11得点の大量援護を受けた3回戦・日野戦で5回7奪三振ノーヒットノーランを達成している。
 3年生の夏の予選は春敗れた滋賀学園に3対4で競り負け初戦2回戦で敗退。
 プロ注目146㌔右腕・阿字悠真と投げ合い、8回8安打、6奪三振4失点完投の粘投を見せた。
 当時の最速は143㌔。県8強が最高で甲子園経験は無し。

 花園大では1年生の春の第4節から先発兼救援で活躍。
 1年時秋のリーグ戦で先発陣定着を果たし、3勝1敗、38.1回46K9失点防1.64で新人賞に輝く。
 開幕節・びわ大1回戦で自己最速を1㌔更新する150㌔(わかさ球場)を計測。
 4季で19試合(先12)、計96.1回を投げ、通算10勝3敗、122奪三振、防1.68の実績を残した。
 全国大会には2年時春の第72回大学野球選手権大会(初戦敗退)に出場。
 初戦・大商大戦に0-2の5回裏1死から登板し、2.2回3失点ながら自己最速の152㌔を出した。
 リーグ通算19試合、11勝3敗、96.1回、122奪三振、防御率1.68。

 177cm71kg、最速154㌔の直球を持つ細身の右腕。
 振り被って軽く捻って膝を引き上げ、前傾しながら重心を下げ、着地早めに柔らかい腕の振りから
 投げ込む最速154㌔、常時140㌔前後から150㌔前後(東京ドーム)の直球と、
 120㌔台から130㌔前後のスライダー、100㌔強のカーブ、110㌔台のチェンジ、130㌔台のSFF。
 細身の身体ながら最速152㌔をマーク。高校で遊撃手から投手へと転向した。
 フィールディングの良さも持ち味のひとつ。2年生の春の選手権で自己最速152㌔を計測している。
 遠投110m、50m6秒1。奪三振率11.40、四死球率4.48。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2024-04-02 (Tue)|2025年大学生投手 | 京滋大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2025年大学生投手 | 京滋大学 コメント(0) Page Top↑