正中 敦士(YBS播磨)|ドラフト・レポート

正中 敦士(YBS播磨)

ここでは、「正中 敦士(YBS播磨)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



正中 敦士(YBS播磨)

173cm76kg 右右 MAX144km スライダー・カット・カーブ・チェンジ 小野→大阪公立大 1年目
内角直球とカットボールなどの変化球。近畿学生で20勝。4年生の春のリーグ戦で最多6勝を記録した。
最終更新日:2023-11-29 (Wed)|2025年社会人投手 近畿学生 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   20春:         開催中止
   20秋: 4  0勝0敗   7.1  10  1  2  3  3.68
   21春: 3  2勝1敗   24  16  20  11  3  1.13 
   21秋: 4  1勝2敗  23.2  31  20  9  10  3.80(10位)
   22春: 7  2勝2敗   47  40  42  7  6  1.15( 1位)
   22秋: 7  5勝1敗   45  40  40  12  10  2.00( 3位)
   23春: 6  6勝0敗   49  34  36  9  7  1.29( 2位)
   23秋: 6  4勝2敗   47  39  27  15  13  2.49( 8位)
   通算: 37 20勝8敗   243 210 186  65  52  1.93
          被安打率7.78 奪三振率6.89 四死球率2.41
    ※ 22秋:MVP 22秋23春:最優秀投手 22春:ベストナイン 23秋:敢闘賞

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   23選: 1 先  7.1  6  3  4  2 142㌔(神宮) IPU ●
   通算: 1    7.1  6  3  4  2 防2.45
       被安打率7.36 奪三振率3.68 四死球率4.91

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   20秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   奈学大     1  1  0  2  1
   大府大     1  1  0  0  0
   神戸大 先   5  7  1  0  4
   和歌大    0.1  1  0  0  0
          7.1  10  1  2  5 防3.68
      被安打率12.27 奪三振率1.23 四死球率2.45

   21春(2完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   神戸大 先   9  8  8  1  1 ○
   奈学大 先   9  4  9  4  0 ○封
   和歌大 先   6  4  3  6  2 ●
           24  16  20  11  3 防1.13 
       被安打率6.00 奪三振率7.50 四死球率4.13

   21秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   阪南大 先  8.2  13  6  2  3 ●
   和歌大 先   3  8  1  2  2
   神戸大 先   7  6  7  3  4 ●
   大府大 先   5  4  6  2  2 ○
          23.2  31  20  9  10 防3.80
      被安打率11.79 奪三振率7.61 四死球率3.42

   22春(2完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   阪南大 先   7  4  5  2  0 ○封
           2  2  0  1  0
   和歌大 先   9  8  9  0  1 ○
   神戸大 先   5  8  3  2  3
   奈学大 先   9  7  11  1  1 
           7  4  6  0  0
   大観大 先   8  7  8  1  1 ●
           47  40  42  7  6 防1.15
       被安打率7.66 奪三振率8.04 四死球率1.34

   22秋(3完2封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   大観大 先   6  4  6  3  1 ○
   和歌大     1  0  1  2  0
       先   9  7  6  1  0 ○封
   神戸大 先   9  8  15  2  1 ○
   奈学大 先   9  10  3  0  0 ○封
       先   4  6  2  1  4 ●
   阪南大 先   7  5  7  3  4 ○
           45  40  40  12  10 防2.00
       被安打率8.00 奪三振率8.00 四死球率2.40

   23春(5完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   阪南大 先   8  9  7  2  1 ○
   神戸大 先   7  4  6  0  0 ○封
   和歌大 先   7  5  6  3  2 ○
       先   9  8  10  0  2 ○
   大観大 先   9  5  2  2  1 ○
   奈学大 先   9  3  5  2  1 ○
           49  34  36  9  7 防1.29
       被安打率6.24 奪三振率6.61 四死球率1.65

 ■ 高校時代成績

   18夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   西兵庫1回戦:淡路高校 先   7  6  12  2  2
      2回戦:三田学園 先   9  9  5  3  1
      3回戦:篠山産業 先   9  9  9  1  3
      4回戦:豊岡高校 先   9  8  4  0  1
      準々決:社 高 校 先   9  7  8  4  2
      準決勝:明石商業 先  9.1  10  4  4  4
                 52.1  49  42  14  13 防2.24(失点から算出)
              被安打率8.43 奪三振率7.22 四死球率2.41

  最新記事

 ■ 大阪公立大・正中 NPB11球団の前で5回零封(スポニチ) 23/6/23

 近畿学生選抜の先発・正中敦士が5回2安打無失点と力投した。プロ注目最速144キロ右腕で、11球団のスカウトの前でアピールを期す登板だった。初回1死二塁から2者連続三振。持ち前の制球力を武器に計6三振を奪った今春のリーグ戦では無傷の6戦6勝で、防御率1.29と圧倒して優勝に貢献した。そして、満を持して臨んだ全日本大学選手権。初戦の環太平洋大戦で先発登板するも、7回4失点で敗戦投手になった。「決勝を投げる投手は150キロを超えてくる。自分は平均で140キロ前後。もっと球速帯を上げないと、上のステージでは見てもらえない」。全国大会から宿題を持ち帰って目指す大卒でのプロ入り。「球の力強さと球速が増したところをアピールしたい」と先を見据えた。

   23秋(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   神戸大 先   8  7  6  3  1 ○
   奈学大 先   7  8  4  3  4 ○
   大観大 先   8  3  2  3  1 ○
   和歌大 先   8  6  5  2  2 ○
       先   7  11  6  2  5 ●
   阪南大 先   9  4  4  2  0 ●
           47  39  27  15  13 防2.49
       被安打率7.47 奪三振率5.17 四死球率2.87

      20春 20秋 21春 21秋 22春 22秋 23春 23秋 通算
   1回戦: -  0  3  2  1  0  4  5  15
   2回戦: -  0  0  1  4  5  2  0  12
   3回戦: -  1  0  1  0  1  0  1  4

   【球速変遷】高校時代142㌔→大学時代144㌔

 ■ 大阪公立大・正中敦士、初全国で粘れず(日刊) 23/6/5

 大阪公立大の大黒柱、正中敦士は粘り切れなかった。4回に連続失策で勝ち越され、8回に被弾したところで降板。初の全国舞台で制球が微妙に乱れた

 ■ 名称「大阪公立大学」に 府立大と市立大、統合し新大学(朝日新聞) 20/6/26

 大阪府立大と市立大を統合した新大学の名称が26日、「大阪公立大」に決まった。約10年前に橋下徹知事(当時)らが「府市協調」の象徴的な事業として打ち出した構想が本格的に動き出す。2022年4月の開校予定。大阪城近くに本部を移して、近畿一円からの学生獲得を目指す。

過去記事

 ■ 「兵庫ナンバーワン」の右腕、小野・正中 無念の逆転で散る(スポニチ) 18/7/25

 小野の快進撃を支えた右腕、正中敦士は明石商を9回まで追い詰めながら、逆転で敗れ去った。9回裏、安打、四球などの1死一、三塁から適時打に2点三塁打を浴びて同点を許した。延長10回、安打と2四球の1死満塁から中越え打を浴びて力尽きた。入学時60キロだった体重も、いまは70キロある。当初120キロ台だった球速も140キロを超えた。相手の明石商・狭間善徳監督が「兵庫県ナンバーワン投手」と絶賛した右腕は、涙をぬぐい、前を向いて球場を後にした。

 ■ 小野4強 正中5完投パワーの源は母の弁当(日刊) 18/7/24

 最後の打者を空振り三振にしとめると、小野のエース正中敦士投手は喜びを爆発させた。小野が社との接戦を制し、創部初の4強進出を決めた。正中は7安打2失点の投球をみせ、初戦から5試合連続の完投勝利小野は県内屈指の進学校。正中も国公立の大学を目指し、勉学にも力を注ぐ。

  プロフィール

 兵庫県加西市出身。
 正中 敦士(しょうなか・あつし)投手。
 小学2年生の冬から軟式野球を始め、北条中時代は軟式野球部に所属。

 小野高校では3年生の夏の西大会で4強入りを達成。
 背番号1の主戦として全6試合を1人でこなし、計52.1回49安打、42K13失点の粘投を見せた。
 現立命大・藤本竜輝と投げ合った準々・社戦で7安打8K4-2完投勝ちを記録。
 延長10回サヨナラ負けとなった準決・明石商戦で、8回0封、9.1回3-4完投の力投を演じている。
 当時の自己最速は142㌔。甲子園出場の経験は無し。

 高卒後は一浪を経て大阪市立大(20年-23年)に進学。
 1年生の秋から主にリリーフ右腕としてベンチに入り、翌2年春のリーグ戦で1回戦の先発を務める。
 2年生の秋の途中から先発2番手に回り、4年生の春から再び主戦として活躍。
 4年間で37試合(先発31)、計243回を投げ、通算20勝8敗、186K、防1.93の実績を残した。
 3年生の秋、4年生の春と優勝を果たし、MVPを1度、最優秀投手を2度受賞。
 4年時春のリーグ戦でキャリアハイかつ二季連続最多勝となる6勝(5完1封)をマークしている。
 入学後、3年生の春から府大と統合となり、学校名が大阪公立大学へと変更。
 2年生の春から6季続けて規定回数をこなし、3年生の春に防御率1位(ベスト9)を記録した。
 全国大会には4年時春の第72回大学野球選手権大会(初戦敗退)に出場。
 初戦・IPU戦の先発を任されたが、7.1回4失点でKOとなり、チームも1対6で初出場1勝を逃した。
 リーグ通算37試合、20勝(13完投5完封)8敗、243回、防1.93。

 173cm76kg、プロ注目の最速144㌔右腕。
 セットからグラブを前方に突き出して重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速144㌔、常時130㌔台中盤から140㌔前後(先発時)の伸びのある直球と、
 130㌔前後から130㌔中盤のカット、120㌔台の縦スラ、120㌔弱から120㌔台のチェンジアップ。
 進学校出身のプロ注目右腕。1年間の浪人生活を経て大公大へと進学した。
 2年生の春から先発で活躍。直球主体に内外に投げ込み、カット、チェンジアップなどを交える。
 被安打率7.78、奪三振率6.89、四死球率2.41。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2023-11-29 (Wed)|2025年社会人投手 | 近畿学生 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2025年社会人投手 | 近畿学生 コメント(0) Page Top↑