岡本 琉奨(八戸学院光星)|ドラフト・レポート

岡本 琉奨(八戸学院光星)

ここでは、「岡本 琉奨(八戸学院光星)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm80kg 左左 MAX148km スライダー・カーブ・チェンジ
最速148㌔直球を持つ控え左腕。2年生の夏に148㌔を計測。140㌔超の直球にスライダーを交える。
最終更新日:2024-04-12 (Fri)|2024年高校生投手 コメント(1)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   23夏: 2    9.1  14  5  4  7
        先  7.1  9  4  2  3 143㌔ 文星芸付 ○
            2  5  1  2  4 142㌔ 土浦日大
   24春: 1     2  0  1  1  0 140㌔ 関東第一 ○
   通算: 3   11.1  14  6  5  7 防5.56
       被安打率11.12 奪三振率4.76 四死球率3.97

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   22秋(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   青森2回戦:弘前東高 先   5  5  5  3  2
                 5  5  5  3  2 防0.00
             被安打率9.00 奪三振率9.00 四死球率5.40

   23春(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   青森2回戦:八戸高校     2  1  6  2  0
     準々決:東奥義塾     1  1  0  0  0
     準決勝:青森山田 先   5  1  6  4  0
   東北準々決:鶴岡東高 先   5  5  6  1  0
     準決勝:明桜高校     3  0  5  1  0
     決勝戦:仙台育英    0.1  0  0  0  0
                16.1  8  23  8  0 防0.00
            被安打率4.41 奪三振率12.67 四死球率4.41

   23夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   青森2回戦:弘前工業 先  4.1  6  8  3  5
     3回戦:八戸北高    0.1  0  1  0  0
     準々決:弘前東高 先   4  6  5  0  3 
     決勝戦:八工大一     7  5  5  3  2 148㌔(はるか夢球場)
                15.2  17  19  6  10 防4.60
            被安打率9.77 奪三振率10.91 四死球率3.45

  最新記事

 ■ 八戸学院光星・岡本琉、タイブレーク締め 1死満塁しのぐ(中スポ) 24/3/18

 八戸学院光星の岡本琉がタイブレークの10回から2イニングを1失点で締めた。圧巻は10回1死満塁のピンチ。スカウトの計測で146キロもマークした直球を勝負球に、5番の熊谷を二ゴロ、6番の成井を三振に仕留めて、関東第一のサヨナラ勝ちを阻止。「一番の持ち味は真っすぐ」と胸を張った。

   23秋(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   青森準々決:八戸ウルスラ 先   3  0  6  0  0
     決勝戦:青森山田 先   7  6  7  5  7
   東北2回戦:仙台第一     2  2  4  1  0
     決勝戦:青森山田 先   4  5  1  1  3
                 16  13  18  7  10 防5.63
            被安打率7.31 奪三振率10.13 四死球率3.94

   【背番号】22秋#10→23春#1→23夏#1#10→23秋#10

 ■ 八戸学院光星・岡本 8回途中3失点も「比呂に達してない」(スポニチ) 23/8/16

 八戸学院光星が文星芸大付を下し、4年ぶりに8強進出を決めた。背番号10・岡本琉奨(2年)が8回途中まで3失点と粘投。初戦・明桜戦は洗平が完封勝利。出番がなかっただけに「初戦、ヒロ(洗平)がああいうピッチングをして、自分も負けてられない気持ちでいたんですけど、立ち上がりがいつも通り悪くて、まだヒロには達してないなって感じです」と悔しさをにじませた。

 ■ 八学光星 2年連続V!2年生・岡本 最速148キロで頂点(スポニチ) 23/7/28

 3―2の延長10回2死満塁。一打サヨナラのピンチでも八戸学院光星のエース左腕・岡本琉奨(2年)に迷いはなかった。相手3番への初球、狙い通りに内角直球で詰まらせて二ゴロ。歓喜の輪の中心で涙があふれた。先発した同じ2年生左腕の洗平比呂が、2回に一ゴロのベースカバーに入った際に左足を負傷。3回無安打のまま降板し、4回からマウンドを託された。「比呂の分も気持ちを入れた」。自己最速を1キロ更新する148キロをマークした直球を主体に7イニングを5安打2失点。無死一、二塁から始まる延長10回タイブレークも強気の投球で得点を与えなかった。

過去記事

 ■ 八戸学院光星が仙台育英投手陣を打ち崩し春の東北制覇(報知) 23/6/11

 八戸学院光星が仙台育英に3―2で競り勝って、17年ぶり2回目の優勝を果たした。1点リードで迎えた9回、2死二塁のピンチを作ると、左腕の岡本琉奨(2年)が2番手でマウンドへ。岡本が後続を断って逃げ切り勝ち。昨夏の全国王者を撃破し、17年ぶりに春の東北大会で頂点に立った。

  プロフィール

 東京都板橋区生まれ。
 岡本 琉奨(おかもと・るい)投手。
 板橋第五小2年から軟式野球を始め、板橋第二中では板橋シニアでプレー。

 八学光星に進学後、1年生の夏の甲子園はベンチ外。
 1年時秋の新チームで背番号10の座をつかみ、県大会初戦・弘前東戦(6-7)で先発を務める。
 2年生の春(東北V)から主戦を担い、6戦16.1回で23K無失点、防0.00と活躍。
 2年時夏の青森大会で夏大初登板を果たし、同期・洗平との二本柱で大会2連覇を飾った。
 全5戦中4試合(先2)、計15.2回を投げ、19K10失点、防4.60の粘投を披露。
 延長TBを制した決勝・八工一戦(3⑩2)で、最速148㌔、7回2失点の好救援を演じている。
 続く甲子園本戦(8強)から控えに回り、先発救援で2試合9.1回(責7)に登板。
 3回戦・文星付戦(6-3)で聖地デビューし、8回途中9安打、4K3失点の粘投で白星を収めた。
 その後、3年生の春の選抜で開幕戦を戦い、関東第一との接戦に5⑪3で勝利。
 延長TB10回ウラ無死1・2塁から救援で登板し2回無安打0封の好投で全国2勝目を挙げた。
 チームメイトとして1個上に中澤恒貴、同期に洗平比呂ら。

 175cm80kg、最速148㌔直球を持つ控え左腕。
 セットポジションから始動して重心を下げ、インステップし、後ろ小さめに左肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速148㌔、常時130㌔中盤から140㌔前後(高2夏)のストレートと、
 110㌔台から120㌔台のスライダー、120㌔前後から120㌔台のチェンジアップ、その他にカーブ。
 自己最速では148㌔を投げる背番号10番。スライダー、チェンジアップを交える。
 同期・洗平比呂(#1)らと投手陣を牽引。2年生の春から同年夏の予選まで背番号1を務めた。
 高2秋4試合16回で、奪三振率10.13、四死球率3.94。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2024-04-12 (Fri)|2024年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
高校時代は、真っ向から投げ下ろすスタイルでした。社会人に就職して、コントロールを磨き、くせ球の切れをよくしてください。
プロでは、体力が整えば先発完投。戸郷選手のように150球くらいの球数を投げられ完投勝ちが増えていく投手に育つと思います。2年間くらいは筋力トレーニングを毎日休まずにして基礎体力を養ってください。
| 石川 俊充 | 2023年08月05日(Sat) 00:36 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑