小松 龍一(花巻東)|ドラフト・レポート

小松 龍一(花巻東)

ここでは、「小松 龍一(花巻東)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



小松 龍一(花巻東)

177cm71kg 右左 MAX147km スライダー・カーブ・フォーク
140㌔強の直球と、スライダー、フォーク。盛岡三を17K完封。2年生の春に147㌔(きたぎん)を出した。
最終更新日:2023-08-08 (Tue)|2024年高校生投手 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   23夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   宇部鴻城 先   8  4  10  4  1 142㌔ ○
   クラーク    1.1  2  0  3  0 142㌔
   仙台育英 先   3  6  2  2  4 144㌔ ●
          12.1  12  12  9  5 防3.65
       被安打率8.76 奪三振率8.76 四死球率6.57

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   23春(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   岩手2回戦:水沢高校    4.1  5  7  2  0 147㌔(きたぎん)
     準々決:盛岡誠桜    2.1  3  2  2  1
     準決勝:盛岡第四     1  0  2  0  0
     決勝戦:一関学院     4  5  5  0  1
   東北1回戦:仙台商業     2  0  2  0  0
     準々決:明桜高校     5  3  7  1  1
                18.2  16  25  5  3 防1.45
            被安打率7.71 奪三振率12.05 四死球率2.41

  最新記事

 ■ 花巻東、小松が10K好投 花巻東4―1宇部鴻城(産経) 23/8/8

 花巻東の小松は制球が抜群で、九回途中まで投げ4安打1失点、10三振を奪った低く沈む変化球と伸びのある直球をテンポ良く投げ込み、的を絞らせなかった。

   23夏(背番号18)      回数 被安 奪三 四死 失点
   岩手3回戦:水沢商業    2.2  0  4  0  0
     準決勝:盛岡第一     4  3  5  4  0
     決勝戦:盛岡第三 先   9  3  17  3  0
                15.2  6  26  7  0 防0.00
            被安打率3.45 奪三振率14.94 四死球率4.02

   【球速変遷】22春138㌔→23春147㌔(きたぎん)

 ■ 花巻東2年小松龍一、出世番号「17」背負い初聖地へ(日刊) 23/8/5

 最速147キロ右腕、小松龍一投手(2年)はOBの菊池雄星、大谷翔平も背負った出世番号「17」を身につけ、聖地のマウンドに立つ。岩手大会決勝の盛岡三戦は3安打17奪三振で完封。以前は直球でしかカウントが取れなかったが「真っすぐが不調でも変化球で立て直すことができた」。投球の幅も広がった。岩手・宮古市出身で、偉大な先輩の背中を追って花巻東にやってきた。「菊池雄星選手はすごいエースで、チームを背負って戦う姿に憧れました」。入学時に138キロだった最速は9キロアップ。自分のフォームを繰り返し動画で確認するなど修正を重ねた。

 ■ 花巻東2年生コンビ小松龍一&葛西陸/東北注目選手(日刊) 23/8/4

 小松は最速147キロの直球にスライダー、カーブ、フォークを交えながら三振の山を築く「ドクターK」。来年のドラフト候補にも挙がる注目株だ。ただ、新チームが始動した昨秋はメンバー外。力に頼る直球一辺倒のスタイルだったが、流石裕之部長から配球のアドバイスを受けるなど変化球でかわす投球術を習得。今春からは中継ぎエースの地位を確立した。

過去記事

 ■ 花巻東4年ぶり甲子園…2年生・小松龍一が17奪三振完封(報知) 23/7/27

 花巻東が盛岡三に10―0で快勝し、4年ぶり11度目の甲子園出場を決めた。背番号18の右腕・小松龍一(2年)が散発3安打、毎回の17奪三振。9回には初めて走者を三塁まで進められたが、最後の打者を141キロの直球で空振り三振。グラウンドには立てない先輩たちの思いを球に込めた。

 ■ 春V5を狙う花巻東が水沢に3―0で8強入り(報知) 23/5/22

 花巻東は水沢に3―0で辛勝。8強入りし今夏のシード権を獲得した。5回2死満塁、2番手でマウンドに上がった小松龍一投手投手(2年)は最速147キロをマークするなど、4回4安打無失点。2投手の完封リレーで逃げ切った。

  プロフィール

 岩手県宮古市出身。
 小松 龍一(こまつ・りゅういち)投手。
 宮古市立崎山中学校時代は硬式野球チーム・岩手東ボーイズで138㌔右腕としてプレー。
 現ブルージェイズ・菊池雄星に憧れて花巻東に進学した。

 花巻東では2年生の春(#11)からベンチ入り。
 いずれも救援で全6試合、計18.2回に登板し、25K3失点、防1.45の活躍で東北8強入りを飾る。
 県大会2回戦・水沢高校戦(4.1回7K0封リリーフ)で自己最速147㌔をマーク。
 2年時夏の予選(背番号18)で夏大デビューし、プロ注・佐々木麟らを擁して優勝を果たした。
 全5戦中3戦(先1)、計15.2回を投げ、6安打26K0封、防0.00の好成績を記録。
 初先発を任された決勝・盛岡第三戦で、3安打17K、10対0初完投完封の好投を演じている。
 2学年上に田代旭、1学年上に佐々木麟太郎ら。

 177cm71kg、最速147㌔直球を持つ2年生右腕。
 セットポジションから始動をしてタメて重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速147㌔、常時135㌔前後から140㌔前後(高2夏の甲子園)のストレートと、
 120㌔前後から120㌔台のスライダー120㌔前後のフォーク100㌔前後から100㌔台のカーブ。
 147㌔直球と変化球で三振を奪取。きたぎん球場で147㌔(高2春)を投げた。
 2年生の夏の県大会決勝・盛岡三戦で、3安打17K、3四死球10-0完封の好投を演じている。
 被安打率3.45、奪三振率14.94、四死球率4.02。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2023-08-08 (Tue)|2024年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑