中野 大虎(大阪桐蔭)|ドラフト・レポート

中野 大虎(大阪桐蔭)

ここでは、「中野 大虎(大阪桐蔭)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm79kg 右右 MAX149km スライダー・カット・カーブ・チェンジ・フォーク
威力ある直球を持つ2年生右腕。強気の投球が持ち味。1年時6月の練習試合で149㌔を計測した。
最終更新日:2024-03-30 (Sat)|2025年高校生投手 コメント(1)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   24春     回数 被安 奪三 四死 自責
   北海高校     1  1  2  0  0 139㌔
   神村学園     5  2  5  1  1 143㌔ ○
   報徳学園     1  2  2  2  1 147㌔
            7  5  9  3  2 防2.57
       被安打率6.43 奪三振率11.57 四死球率3.86

  最新記事

 ■ 「まだまだ甘い」 さらに上を目指す大阪桐蔭の中野(朝日新聞) 24/3/27

 五回から登板した中野大虎投手はリズムに乗っていた。抑えで活躍した藤川球児投手の「火の玉ストレート」に憧れ、自分の直球を「魂のストレート」と自称し、一番の武器として磨いてきた。エースを目指し、この冬は勝負球を新しく身につけた。縦に落ちるフォークボールだ。この日もストレートでツーストライクに追い込んで、フォークで三振。八回まで毎回三振を奪っただけでなく、ヒットも許さなかった。

   23秋(背番号10→11→17)  回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪 ? :  ?       ?          0
      ? :  ?       ?          0
     準々決:大体浪商     2          2
     準決勝:桜宮高校     3  0  3  0  0
   近畿準決勝:京都国際     3  3  4  1  0 142㌔(プロ計測)
   神宮2回戦:関東第一     1  1  1  0  0 142㌔
                 15  11  14  5  2 防0.00
             被安打率6.60 奪三振率8.40 四死球率3.00

 ■ 大阪桐蔭1年生・中野が3回0封 祖父は元阪神の応援団長(報知) 23/11/4

 近畿大会準決勝が行われ、大阪桐蔭が京都国際を破り、5年連続で決勝に進出した。中野大虎投手(1年)が3回無失点と好救援した。3―0の7回にマウンドに上がった背番号11の右腕は直球中心の強気の投球。完封リレーを完成させた。母方の祖父は、私設応援団を率いた大の阪神ファンだった。生前、一人娘に「息子が生まれたら名前に『虎』の字をつけて」と託し、中野は「大虎」と命名された。自身も「猛虎魂」と帽子のつばに書く虎党。将来は「藤川球児さんのような真っすぐで押していけるプロ選手になりたい」と大きな夢を持つ。この日の最速は巨人のスピードガンで142キロだったが、岸スカウトは「真っすぐが強く、変化球も器用再来年のドラフト候補になる」と評価した。

 ■ 大阪桐蔭1年生・中野大虎が 3イニング完全投球(中スポ) 23/10/8

 最速149キロの中野大虎が5回からマウンドに上がり、3イニングを3奪三振の完全投球で桜宮を封じた。6月の仙台育英との練習試合149キロを計測。幸小の5年までソフトボールをしており、腕立て伏せや背筋のトレーニングを続けて「肩が強くなりました」と振り返る。中学時代から”山本由伸方式”のストレッチを採り入れている。四つんばいの体勢から片側の手足を地面につけたままブリッジに移行。それを円を描くようにして交互に繰り返すのだ。「肩甲骨周りの柔らかさがないとできないと思います」。チームメートはできないという。柔軟性のある180センチ、81キロの体から繰り出される速球を、西谷浩一監督は「勢いがある。気持ちも強すぎる子です」と評する。

  プロフィール

 大阪府和泉市生まれ。
 中野 大虎(なかの・だいと)投手。
 5歳時からソフトボール、幸小6年から硬式を始め、富秋中時代は浜寺ボーイズで全国出場。

 大阪桐蔭では1年時6月の練試・仙育戦で149㌔を計測。
 1年生の秋の新チームから控えとしてベンチ入りし、主戦・平嶋らを擁して神宮ベスト8入りを飾る。
 全て救援で全12戦中6戦、計15回を投げ、11安打14K2失点、防0.00をマーク。
 近畿準決・京都国際戦(4-0)で142㌔を計測し、3回3安打、4三振無失点の粘投をみせた。
 翌2年春の選抜大会で全国デビューし全て救援で全3戦(7回3失点)に登板。
 5回2安打5三振1失点の好救援を演じた神村学園との2回戦(4-2)で全国白星を収めている。
 2個上に前田悠伍、1個上に平嶋桂知、同期に森陽樹ら。

 180cm79kg、最速149㌔の直球を持つ2年生右腕。
 セットから足を高く上げて前傾をして重心を下げ、後ろ大きめに球持ちに良さのある腕の振りから
 投げ込む最速149㌔、常時135㌔前後から145㌔強(選抜・報徳戦)の直球と、
 125㌔前後から130㌔台前半のフォーク、100㌔台のカーブ、120㌔台前半の縦横スライダー。
 足を上げ下げする二段モーションで投球。力のある真っ直ぐにフォークを交える。
 好きな球団は阪神で藤川球児氏が目標。山本由伸方式のストレッチで肩の柔らかさを養った。
 強気のピッチングも持ち味の一つ。遠投115メートル。

  スカウトコメント

巨人・岸スカウト|23/11/4
 「真っすぐが強く、変化球も器用。再来年のドラフト候補になる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2024-03-30 (Sat)|2025年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
そうなんだよな。最速149キロなのにメディアが1キロ増で150キロ右腕と紹介しているから、本人も迷惑しているだろう
| 野球ニキ | 2024年03月28日(Thu) 14:21 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2025年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑