モイセエフ・ニキータ(豊川)|ドラフト・レポート

モイセエフ・ニキータ(豊川)

ここでは、「モイセエフ・ニキータ(豊川)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm85kg 左左 外野手 遠投100m 50m6秒2
ロシア人の両親を持つ左の強打者。東海大会で打率.625をマーク。3番・中堅としてチームを支える。
最終更新日:2024-04-12 (Fri)|2024年高校生野手 コメント(0)

  動 画



  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   24春: 1 .200  5  1 0 0 1 2 3 0 0  .200  .800(3番/中)
   通算: 1 .200  5  1 0 0 1 2 3 0 0  .200  .800

高校時代打撃成績

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   22春愛知: 3 .500  4  2 2 0 0 1 1 0 0  .500 1.000
   22夏愛知: 2 .000  2  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   22秋愛知: 3 .333  12  4 0 1 0 5 0 1 0  .385  .500(3番/中)
   23春愛知: 3 .400  10  4 1 0 1 5 3 3 1  .538  .800(4番/中)
   23夏愛知: 4 .467  15  7 2 2 0 6 1 1 0  .500  .867(3番/中)
   23秋地区: 6 .652  23 15 3 1 3 15 0 5 4  .714 1.261 
   23秋愛知: 5 .421  19  8 1 1 1 8 1 1 2  .450  .737(3番/中)
   23秋東海: 4 .625  16 10 2 0 1 6 0 2 1  .667  .938(3番/中)
   23秋神宮: 2 .600  5  3 1 0 1 3 1 2 0  .714 1.400(3番/中)
   通  算: 32 .500 106 53 12 5 7 49 7 15 8  .562  .906

  最新記事

 ■ 新基準1号の豊川・モイセエフ ヤクルト小川GM「大物感がある」(産経) 24/3/19

 東海大会王者の豊川が、32年ぶり2度目の出場の阿南光に4-11で完敗した。プロ注目のモイセエフ・ニキータ外野手は1-5で追う八回に右翼ポール際へ2点本塁打新基準バットとなった今大会の1号を放ったが、相手エースの吉岡暖投手に3三振を喫した。意地の一発だった。初球から2球空振りで2ストライクと追い込まれたが、高く浮いたフォークボールを捉えたライナー性の打球は右翼ポール際へポールの内か外か際どかったが、本塁打判定となった。高校通算16本目の本塁打。この日は侍ジャパンの井端弘和監督や、プロ野球球団関係者、スカウトらが大勢視察していた。ヤクルトの小川淳司ゼネラルマネジャーは「大物感がある。体の力があるし、スイング力もあって、当然長打力もある。まだ年齢的にもこれから。今後も当然注目していく選手」と称賛した。
 中日松永スカウト部長は「振る力がある飛ばせることも証明した。これからが楽しみ」と話した。ロッテ榎部長も「高く上がったファウルは力がある証拠体もできてきた」と評価した。(中スポ)
 阿南光の野手も「ファウルと思った」と証言した。右翼ポールの正面に位置する三塁側で見ていた観客は「きれいにファウルゾーンへ切れていた」と話していた。(日刊)
 ベンチプレス127・5キロはチームNO1。ヤクルトの小川GMは「力強いスイングが魅力バットを構えた雰囲気もすごくいい将来が楽しみな選手」と絶賛。今後の成長に期待した。(報知)
 阪神・筒井スカウトも「日本人にない身体能力」と素材を絶賛した。(デイリー)
 ロッテの榎康弘アマスカウトディレクターが「あそこまで振れて飛ばせるのは魅力」と評する今秋のドラフト候補だが、1年時は0本。遠くへ飛ばす体ができたことでプロの注目も集まってきた。(スポニチ)

   【一塁到達】 23秋東海準決勝:1回4秒34(二ゴ)
   【三塁到達】 23秋東海準決勝:4回11秒97
   【身長体重】 高1春-cm66kg→高2秋180cm82kg

 ■ 豊川・モイセエフ「全国は投手のレベルが全然違う」(中スポ) 23/11/19

 38年ぶり出場の豊川は、星稜に完敗し、決勝進出を逃した。その中でプロ注目のモイセエフ・ニキータは、ソロ本塁打を含む2安打1打点と気を吐いた。2点を先制されて迎えた1回の第1打席。追い込まれながらも高めの球を振り抜く。高々と舞い上がった打球に右翼手が一度前に出たが、そのまま右翼席に飛び込んだ。長谷川裕記監督は「守備、走塁はまだ至らない点があると思うし、全然体も細い。もう1回気を引き締めてやりたい」と成長に期待する。高卒でのプロ入りを目指すスラッガーは「どんなバッターでも自分の方がすごいと思われるような打撃をしたい」と目をぎらつかせた。

 ■ 豊川・モイセエフが2打点鮮烈全国デビュー(スポニチ) 23/11/16

 豊川が高知を延長タイブーレクの末、9―8のサヨナラ勝ちで制した。プロ注目の強打の外野手、モイセエフ・ニキータが1安打2打点の活躍で劇勝に導いた。0―4の6回1死一、二塁で右翼線への適時二塁打を放ち、5―6の9回1死一、三塁では右犠飛を決めて延長戦に持ち込んだ。身長1メートル80、体重82キロの左投げ左打ち。高校通算13本塁打を誇る強打の外野手だ。中日の清水昭信スカウトは「打撃は頭一つ抜けている順調に成長しているし、楽しみです」と高評価した。
 そんなモイセエフをプロも注目している。ネット裏で試合をチェックした中日・清水スカウトは「打力、肩、足と頭一つ抜けている」と評価。今後に向けて「将来性が楽しみ」と期待をかけた。(中スポ)
 現在は82キロまで増量し、ベンチプレスは120キロを持ち上げる。50メートル走は6秒2で、同じ外野手のソフトバンク柳田悠岐にあこがれる。(朝日新聞)

過去記事

 ■ 豊川・モイセエフがコールド呼ぶ3ラン(中スポ) 23/10/21

 2―0で迎えた6回。2点を追加した後で迎えた2死一、二塁。豊川の打席にモイセエフ・ニキータ外野手(2年)が立った。内角直球を振り抜いた打球は右翼席に飛び込む3ラン。今は180センチ、84キロの立派な体格を誇るが、高校に入学したときは66キロと線が細かった。1年冬は夕食時に白米を1キロ食べて、約5カ月で10キロの増量に成功。この日の1本を含めた高校通算12本塁打はすべて今年に入ってからで、「打球が飛ぶようになった」と手応えを口にする。両親はともにロシア出身。自身は愛知県刈谷市生まれで阿久比町育ち。自宅に帰ればロシア語も使いこなす。

  プロフィール

 愛知県刈谷市生まれ。
 モイセエフ・ニキータ(もいせえふ・にきーた)外野手。
 阿久比東部小1年から軟式の野球を始め、阿久比中時代は愛知衣浦シニアに所属。
 刈谷市生まれの阿久比町育ち。ロシア人の両親を持つ。

 豊川高校では1年生の春から背番号13でベンチ入り。
 1年時夏の予選(ベスト8)で夏大デビューを飾り、同秋(県8強)から3番センターで主力を務める。
 翌2年夏の県大会で打率.467を記録するも啓成に1対6で敗れベスト8で敗退。
 続く2年生の秋の予選で打率.571、6発32打点と活躍し、県1位での神宮4強入りを達成した。
 東海大会4試合で10安打3長打を打ち、打率.625、本1点6の好成績をマーク。
 初戦・神村伊賀戦で通算12号の右3ラン弾、準々・岐阜一戦で左中間2塁打を放っている。
 その後、38年ぶりの神宮で初勝利を収め、2戦3安打の打力でプロ注へと浮上。
 星稜との準決で右ソロ(高め直球)を放ったが、投手がふるわず3⑤15の大差で敗戦となった。
 翌3年春の選抜1回戦で阿南光と戦い、4対11大敗の中で低反発1号を記録。
 8回裏1死1塁の第4打席で右翼ポール際への追い上げ2ラン(吉岡の高めフォーク)を放っている。
 甲子園通算1試合、打率.200、1安打、1本塁打、2打点。

 181cm85kg、打撃力が魅力のプロ注目外野手。
 振り切るスイングで左右に長打を飛ばす左の強打者。高校通算16本塁打のパンチ力を秘める。
 高校入学当初の体重は66kgと細身、その後の体作りで体重を19kg増量した。
 1年生の秋の新チームから3番・中堅でレギュラー、2年生の秋の予選で打率.571を記録している。
 ベンチプレス127.5kg、握力左右65kg。一塁到達4.3秒台。

  スカウトコメント

西武・渡辺GM|24/4/6
 「あれだけ振れる力があるのは楽しみ」
巨人・水野雄仁スカウト部長|24/3/26
 「素晴らしいパンチ力でした」
広島・苑田聡彦スカウト統括部長|24/3/25
 「スイングに力があり、ボールを強くたたくことができる。タイミングの取り方を教えたら、良いバッターになる」
ソフトバンク・永井智浩編成育成本部長兼スカウト部長|24/3/25
 「僕は結構いい素材だと思いましたね。ホームランを打つ前まで、ちょっといいところがなかったけど、ボールにコンタクトする能力があるから、ちょっと振ってしまうゾーンが広いんです。かつてのイチローさんとか、うちでいうなら牧原大成とか、センスがあるがゆえに、ちょっと振ったらあかん、というボールまで振っても当たるんですよね。それだけコンタクト能力が高い。体もまだまだ大きくなるでしょうし、ご両親もロシア出身ですよね?ウチの球団としては、こうなってくると世界を〝コンプリート〟してみたいです(笑)」
パ・リーグスカウト|24/3/24
 「スイングの力強さはもちろん、打席で『絶対に何かを残そう』という強い気概も感じられた」
阪神・筒井スカウト|24/3/20
 「日本人にない身体能力」
中日・松永スカウト部長|24/3/20
 「振る力がある。飛ばせることも証明した。これからが楽しみ」
ロッテ・榎康弘アマスカウトディレクター|24/3/20
 「高く上がったファウルは力がある証拠。体もできてきた」
 「あそこまで振れて飛ばせるのは魅力」
ヤクルト・小川淳司ゼネラルマネジャー|24/3/20
 「大物感がある。体の力があるし、スイング力もあって、当然長打力もある。まだ年齢的にもこれから。今後も当然注目していく選手」
 「力強いスイングが魅力。バットを構えた雰囲気もすごくいい。将来が楽しみな選手」
中日・清水昭信スカウト|23/11/16
 「打撃は頭一つ抜けている。順調に成長しているし、楽しみです」
 「打力、肩、足と頭一つ抜けている。将来性が楽しみ」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2024-04-12 (Fri)|2024年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑