坂井 遼(関東第一)|ドラフト・レポート

坂井 遼(関東第一)

ここでは、「坂井 遼(関東第一)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



坂井 遼(関東第一)

178cm78kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・チェンジ
最速146㌔直球を持つプロ注目右腕。変化球との緩急。都決勝・創価戦で4対1完投勝利を挙げた。
最終更新日:2024-03-18 (Mon)|2024年高校生投手 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   24春: 1     4  3  2  1  1 146㌔ 八学光星 ●
   通算: 1     4  3  2  1  1 防2.25
       被安打率6.75 奪三振率4.50 四死球率2.25

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   23夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   予選3回戦:高島高校    0.1  0  1  0  0
     4回戦:目白研心 先   4  4  5  1  2
     5回戦:日大豊山     1  2  2  0  1
                5.1  6  8  1  3 防1.69
            被安打率10.13 奪三振率13.50 四死球率1.69

  最新記事

 ■ 「スカウトの方に見てもらいたい」関東一・坂井が甲子園デビューへ(中スポ) 24/3/17

 プロ注目の145キロ右腕、坂井遼投手は開幕勝利に向けて軽く体を動かした。元阪神の藤川球児を参考にフォームを改造。「アーム気味でしたが、腕を小さく回すのをマネして球速も上がりました」。秋は先発と救援で公式戦全11試合に登板。東京都大会決勝の創価戦は1失点完投でセンバツ出場に貢献し、NPBスカウトの評価も上がった。「プロの世界を目指そうと思っているので、甲子園という大舞台でスカウトの方に自分のピッチングを見てもらいたい」と力を込める。

   23秋(背番号10→1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   地区1回戦:都立五商 先   2  0       0
     代表決:目黒日大 先   6  5       1
   東京1回戦:駒大高校     1  0  1  0  0
     2回戦:日体荏原 先  5.2  11  1  0  2
     3回戦:城西高校 先   9  7  8  2  2
     準々決:東海菅生     3  4  3  1  2
     準決勝:早稲田実     3  1  6  1  1 145㌔
     決勝戦:創価高校 先   9  5  6  1  1 143㌔
   神宮1回戦:熊本国府     5  4  6  1  2 144㌔
     2回戦:大阪桐蔭    3.1  4  3  3  5 144㌔
     準決勝:作新学院     3  3  2  1  2 143㌔
                 50  44  47  14  18 防2.88
             被安打率7.92 奪三振率8.46 四死球率2.52

   【背 番 号】高1秋#18→高2夏#10→高2秋#10#1→高3春#10
   【球速変遷】高2秋145㌔→高3春146㌔

 ■ 関東第一エース坂井 好救援で大会初勝利呼んだ(スポニチ) 23/11/16

 関東第一が熊本国府を下し、5度目の出場で大会初勝利。プロ注目145キロ右腕・坂井遼は救援し、5回4安打2失点に封じた。同じ関東の慶応は、自由な髪形で今夏の甲子園を制覇。その姿を目に焼き付けたナインは「自分たちは過去一番、短い髪の長さで日本一になろう」と決めた。新チームからは、試合前日に部員全員が五厘刈りに散髪。気持ちを一つにし、8年ぶりに秋の東京を制した。

 ■ 関東第一8年ぶりV 145キロ右腕・坂井遼は涙の9回1失点完投(日刊) 23/11/5

 関東第一は最速145キロ右腕・坂井遼投手が9回1失点完投で、8年ぶり5度目の優勝を決めた。準決勝から連投となったが、4-1で創価に逆転勝ち。前日に57球を投げた疲労も見せず、カーブ、スライダー、チェンジアップを織り交ぜ、逆転劇を呼び込んだ。中学時代は「江戸川南ボーイズ」で外野手高校で念願の投手に転向し、中学からチームメートの熊谷俊乃介捕手とバッテリーを組んだ。

  プロフィール

 千葉県富里市出身。
 坂井 遼(さかい・はる)投手。
 富里小5年生の時から軟式の野球を始め、富里中では江戸川南ボーイズで外野手。

 関東一(22年-24年)では1年生の秋からベンチ入り。
 翌2年夏の東東京大会で夏大デビューをはたし、3試合5.1回で8K3失点、防1.69の実績を残す。
 2年生の秋の都大会でエース格を担い、好調な打線を擁して8年ぶりVを達成。
 背番号10で全8試合(先5)、計38.2回に登板し、36奪三振9失点、防1.63の粘投をみせた。
 リリーフを務めた準決勝・早実戦(3回6三振1失点)で自己最速145㌔を計測。
 翌日開催された決勝・創価高校戦で、5安打1四球、6奪三振4対1完投勝ちを収めている。
 続く神宮大会から背番号1を背負い2連覇中の桐蔭を破って初4強まで進出。
 いずれも救援で全3試合のマウンドに登り、2勝1敗、計11.1回11K9失点、防7.15をマークした。
 その後、3年生の春の選抜で聖地デビューするも光星との1回戦に3⑪5で敗戦。
 1対1の8回頭から背番号10番で救援し、最速146㌔、4回3安打4失点(責1)の力投を見せた。
 甲子園通算1試合、0勝1敗、4回、2奪三振、防御率2.25。

 178cm78kg、最速146㌔直球を持つプロ注目右腕。
 セットから左膝を高めに引き上げて重心を下げ、後ろ深めに右肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速146㌔、常時130㌔後半から140㌔前半(高校3年生の春)のストレートと、
 120㌔前後から120㌔台の縦横スラ、100㌔前後のカーブ、120㌔前後から130㌔強のチェンジ。
 140㌔超の真っすぐと変化球とのコンビネーションが持ち味。緩いカーブとの緩急。
 2年生の秋の神宮大会で背番号1番を経験、3年生の春の選抜で自己最速146㌔を計測した。
 遠投110m。高2秋の奪三振率8.46&四死球率2.52。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2024-03-18 (Mon)|2024年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑