西尾 海純(長崎日大)|ドラフト・レポート

西尾 海純(長崎日大)

ここでは、「西尾 海純(長崎日大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm75kg 右右 MAX147km スライダー・カット・カーブ・フォーク
140㌔前後の直球と130㌔台のカット。大崎戦で17K完封を記録。角度をつけて上から投げ込んでいく。
最終更新日:2023-12-10 (Sun)|2024年高校生投手 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   23春: 1    1.1  2  2  0  0 138㌔ 龍谷平安
   通算: 1    1.1  2  2  0  0 防0.00
      被安打率13.50 奪三振率13.50 四死球率0.00

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   22夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   長崎2回戦:瓊浦高校     1  0  0  0  0

   22秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   長崎2回戦:島原高校    1.1          0
     準決勝:大崎高校 先   7          1
   九州1回戦:文徳高校 先   5  10  2  2  2
     準決勝:大分商業 先   8  6  5  1  1 
     決勝戦:沖縄尚学    1.2  2  3  0  1
                 23  22  15  5  5 防1.57
             被安打率8.61 奪三振率5.87 四死球率1.96

   22秋(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 自責
   九州1回戦:西短大付 先   4  6  2  1  3

   23夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   長崎3回戦:壱岐高校     1  0  1  0  0 144㌔
     準々決:長崎商業 先   9  2  7  1  0封143㌔
     準決勝:海星高校    5.1  5  7  2  1 145㌔
                15.1  7  15  3  1 防0.59
             被安打率4.11 奪三振率8.80 四死球率1.76

  最新記事

 ■ 「手元で急に曲がる」カットボールにスカウト垂涎(西スポ) 23/10/27

 長崎日大の西尾は、長崎秋季大会準決勝の大崎戦で初回から142キロを計測。下位打線には135キロ程度の真っすぐにとどめ、上位との対戦になると140キロにギアを上げる。スタミナを意識した巧みな投球で、奪三振17の完封勝利特徴は手元で急に曲がる」と某スカウトが絶賛するカットボールだ。141球を投げた翌日は海星相手に144キロを計測し、2試合連続の完封勝利を飾った。

   23秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   長崎2回戦:波佐見高 先   6  2  4  4  1
     準々決:大村工業     ?          ?
     準決勝:大崎高校 先   9  2  17  4  0封※4対0完封
     決勝戦:海星高校 先   9  4  6  3  0封※1対0完封
   九州1回戦:大分舞鶴 先   9  8  3  3  2 ※1対2完投
                 33  16  30  14  3 防0.82(失点から算出)
             被安打率4.36 奪三振率8.18 四死球率3.82

 ■ 長崎日大・西尾 2安打完封4強 二塁も踏ませず(スポニチ) 23/7/20

 最速147キロ右腕で長崎日大の背番号10、西尾海純(2年)は106球を投げきると、右手で力強くガッツポーズした。7回2死まで無安打に抑えるなど、二塁も踏ませぬ圧巻の2安打完封劇144キロを記録した直球で押しつつ、カットボールやカーブも効果的だった。

 ■ 長崎日大1年生エース西尾海純が8回1失点(日刊) 22/10/28

 最速141キロの1年生エース、西尾海純投手が、8回6安打1失点の好投でけん引した。OBの広島大瀬良大地投手に憧れる西尾は公式戦初完封こそ逃したが、堂々の投げっぷり。伸びのある直球に加えて、変化球がさえた。要所をカットで締め、右打者はスライダー、左打者はフォークで空振り三振を奪うなど「意識してます。コントロールを見習っています」という大瀬良ばりに、精度抜群だった。

  プロフィール

 福岡県嘉麻市出身。
 西尾 海純(にしお・みいと)投手。
 上山田小1年から軟式チームで野球を始め、山田中では飯塚ボーイズで投手兼外野手。
 中学3年生の夏の全国大会で2回戦まで進出した。

 長崎日大(22年-)では1年生で夏大デビュー。
 1年時秋の予選で背番号1番の座をつかみ取り、2本柱の1人として県大会V、九州準Vを飾る。
 翌2年春の選抜に背番号10で挑み、初戦・平安戦(3-4)で1.1回0封をマーク。
 続く2年時夏の県大会で最速145㌔を計測し、準々・長崎商戦で2安打完封勝利を収めた。
 2年生の秋の予選から再びエースとなり、3完投2完封の活躍で県大会を制覇。
 九州切符がかかった準決勝・大崎高戦で、2安打17奪三振、4対0完封の快投を演じている。
 翌日行われた決勝・海星高校戦で、4安打6奪三振、1対0完封勝利を記録。
 その後、九州大会1回戦で大分舞鶴と戦い、7回2安打0封、9回8安打1-2完投で敗退となった。
 甲子園通算1試合、0勝0敗、1.1回、防御率0.00。

 177cm75kg、最速147㌔直球を持つ右オーバースロー。
 セットポジションから始動してタメて重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速147㌔、常時140㌔前後(高校2年夏の長崎大会)の力のある真っ直ぐと、
 130㌔台のカット、110㌔台から120㌔台の縦スラ、100㌔台のカーブ、130㌔前後のフォーク。
 自己最速では147㌔を計測する本格派。角度を付けて上から投げ込んで行く。
 プロスカウトから評価されるカットボールも武器。2年時秋の大崎戦で17奪三振の快投をみせた。
 遠投107m、50m6秒5。強気の投球でチームに貢献する。

  スカウトコメント

プロスカウト|23/10/27
 「(カットボールは)手元で急に曲がる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2023-12-10 (Sun)|2024年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑