佐藤 翔斗(東海大福岡)|ドラフト・レポート

佐藤 翔斗(東海大福岡)

ここでは、「佐藤 翔斗(東海大福岡)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  細野 西舘 前田 東松 佐々木 真鍋 度会
    【球団別】 中日 日ハム 東京 西武 巨人 楽天 横浜 福岡 広島 千葉 阪神 オリ
    【24候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



187cm88kg 右右 MAX142km スライダー・カット・カーブ・チェンジ
粘りの投球が持ち味の142㌔右腕。九州ベスト4進出の原動力、8先発6完投1完封の奮闘を見せた。
最終更新日:2024-03-21 (Thu)|2024年高校生投手 コメント(0)

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   24春: 1 先   9  7  5  3  5 138㌔ 宇治山商 ●
   通算: 1     9  7  5  3  5 防5.00
       被安打率7.00 奪三振率5.00 四死球率3.00

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   23夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   福岡3回戦:宗像高校 先   6  3  3  2  1
     5回戦:福岡工業 先   9  8  4  3  0封※公式戦初完封
                 15  11  7  5  1 防0.60
             被安打率6.60 奪三振率4.20 四死球率3.00

  最新記事

 ■ 東海大福岡のエース佐藤翔斗 憧れのマウンドで5失点(西スポ) 24/3/21

 東海大福岡のエース佐藤翔斗は137球で完投したが5失点。「制球が定まらなかった。自分の実力不足です」。昨秋の反省を踏まえ、選抜大会の課題は四死球を減らすことだった。フォーム修正などで制球力を高める練習をしてきたが、「四死球を出さないようにと考えすぎて甘く入った球を打たれてしまった」。それでも7回以降は無安打に抑えたのはエースの意地。終盤に驚異的な粘りを発揮して逆転勝利を重ねてきたチームに流れを引き寄せようとギアを上げた。

   23秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   福岡3回戦:東筑紫学 先   4          0
     4回戦:自由ケ丘 先   7  3       1
     5回戦:直方高校 先   9          0封
     準々決:筑陽学園 先   9  6       5
     準決勝:福大大濠 先  10  7       3 ※10回TB4対3
     決勝戦:飯塚高校 先   9  7     6  2
   九州1回戦:九州学院 先  10  8  7  6  8 ※10回TB10-8
     準々決:延岡学園 先  8.1  10  11  8  6
     準決勝:明豊高校     2  1  2  2  1 136㌔
                68.1  52  51  36  26 防2.54
             被安打率6.85 奪三振率6.72 四死球率4.74

   【球速変遷】高2春136㌔→高2夏140㌔→高2秋142㌔

 ■ 東海大福岡が初対外試合 エース佐藤翔斗が5回0封(日刊) 24/3/3

 東海大福岡は3日、福岡工と練習試合解禁後初の対外試合を行い、甲子園へ向け調整した。長身エース右腕、佐藤翔斗が、5回3安打無失点で4三振を奪うなど上々の仕上がりを披露。寒さの影響で4四死球を与えたが、走者を背負っての粘り強さも光った。スピードガンを手に熱視線を送った阪神の前田忠節スカウトは「最速は141キロだったランナーを出しても粘りがあった」と話していた。

 ■ 東海大福岡が初戦で九州学院と対戦(日刊) 23/10/20

 福岡王者の東海大福岡は、初戦で九州学院と対戦。最速142キロ右腕、佐藤翔斗投手を軸に、17年春以来3度目の甲子園を目指す。夏場から下半身強化に取り組んだ。その成果で直球だけでなく、スライダー、カーブ、チェンジアップ、カットボールの変化球もキレが増したという。

過去記事

 ■ 東海大福岡、秋季大会初優勝 佐藤翔斗が完投勝利(日刊) 23/10/14

 東海大福岡が3-2で飯塚を下し、初めて秋の福岡王者に輝いた。佐藤翔斗が7安打2失点完投。夏以降に鍛えたスタミナを武器に、初戦以外、6戦連続先発で5完投と、大車輪の活躍で貢献した。

 ■ 東海大福岡185センチの2年生右腕が完封(西スポ) 23/7/20

 東海大福岡の2年生右腕、佐藤翔斗が福岡工を完封し8年ぶりの8強進出を決めた。8安打を打たれ、3回以外はすべて走者を背負いながらも粘り強く抑えた。春までの自己最速の136キロを大きく上回る140キロを記録。2年春から背番号10を背負う佐藤だがスタートは遅れた。入学前の練習で右足首を骨折。入学時は練習もできず、昨夏は手術を受けたため病院にいた。

  プロフィール

 福岡県芦屋町出身。
 佐藤 翔斗(さとう・しょうと)投手。
 山鹿小2年生の時からソフトボールを始め、芦屋中時代は軟式野球部でピッチャー。
 高校入学前の練習で右足首骨折のケガを負った。

 東海大福岡では2年生の春から背番号10でベンチ入り。
 2年時夏の予選(#10)で夏大デビューを果たし、5回戦・福工戦で8安打3-0初完封勝ちを飾る。
 2年生の秋の新チームからエースを担い、県大会初Vでの九州4強進出を達成。
 全10戦中9試合(先8)、計68.1回に登板し、36四死球51K26失点、防2.54の粘投を見せた。
 県大会4回戦から九州大会初戦まで1完封を含む6戦連続完投勝ちをマーク。
 県大会準決勝・福大大濠戦で4⑩3完投、九州初戦・九学戦で10⑩8完投を記録している。
 翌3年春の選抜大会で全国デビューするも宇山商との初戦に4-5完投で敗戦。
 5回を終えて4対4と接戦を演じたが、後半得点ができず、6回オモテの1失点が決勝点となった。
 甲子園通算1試合、0勝1敗、9回、5奪三振、防御率5.00。

 187cm88kg、142㌔直球を持つプロ注目大型右腕。
 セットポジションから膝を引き上げて重心を下げ、クロスステップ気味にヒジを使った腕の振りから
 投げ下ろす最速142㌔、常時125㌔前後から135㌔前後(高3春)の真っ直ぐと、
 100㌔前後から100㌔台の緩いカーブ、110㌔台の縦のスライダー、110㌔台のチェンジアップ。
 入学前に右の足首を骨折、高1夏の手術を経て、高2春からメンバー入りした。
 高2秋9試合(先8)68.1イニングで、6戦連続完投1完封、51K26失点、防2.54を記録している。
 遠投100m、50m6秒4。奪三振率6.72、四死球率4.74。

  スカウトコメント

阪神・前田忠節スカウト|24/3/3
 「最速は141キロだった。ランナーを出しても粘りがあった」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2024年プロマーク状況



最終更新日:2024-03-21 (Thu)|2024年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑